« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.24

乙女本{悪魔の花束#鈴蘭の章}

乙女本:残酷で繊細な乙女に生まれついた貴女の為の物語.

展示即売会*に出品しています.

こちらでは
前回出品作品と、次回出品予定の作品*の一部を
抜粋して、順次掲載していきます.

『悪魔の花束』
・鈴蘭の章“聖少女の行方”より冒頭

 花吹雪が舞う土曜日。
 貴婦人は、今日もタイムマシンを探していた。
 タイムマシンが行き来する噂を耳にしてから、もう四十年が過ぎた。時空
警察の目を逃れて探し続けることに、疲れていた。簡単には見つかるまいと
思ってきたが、ここまで出逢わないとなると、縁が無いのか存在自体が無い
のか、判断もできなくなる。
 貴婦人は、今日中に見つけることができなければ、タイムマシンのことは
きっぱり諦めようと思った。カフェ−・コンセールに入ろうとしたのは、決心
固くするためだった。瀟洒な館の立ち並ぶ小径に来てようやく思い出した。
昔はよく学校の帰りにここに立ち寄り、季節の紅茶を飲みながら、考えたり
悩んだりしたものだ。ここで、鈴蘭の紅茶でも飲みながら決意を固めよう。
 そう思って、入り口のメニューを見た時だった。<本日のおすすめ>の欄に、
メニューではなく、メッセージが張り付けられているのを見つけたのは。…

『悪魔の花束』
〜悪魔の少女リリが操る鳥籠エレベータは、
 過去へ行くことのできるタイムマシン.
 貴女なら、何時へ赴き何を叶えますか?〜

・鈴蘭の章“聖少女の行方”
・櫻の章“淳一ゆかた”
・薔薇の章“薔薇の精”
・かすみ草の章“雪の子ども”
・ミモザの章“彼方の手記”

・形式/小説<連作短編集>
・400字詰原稿用紙100枚
・価格未定

*次回の参加展示即売会は詳細が決まり次第、
Informationに情報upします.
*本文は所有権を有しているものです.
無断掲載・転載、模倣、その他それに準ずる行為は固く禁じます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙女本{少女の音色}

乙女本:残酷で繊細な乙女に生まれついた貴女の為の物語.

展示即売会*に出品しています.

こちらでは
前回出品作品と、次回出品予定の作品*の一部を
抜粋して、順次掲載していきます.


『少女の音色』より「序」、冒頭

針のような月が雲に隠れて、白く冷たい氷雨が長細い道に落ちゆくと、
先程まで土煙りを舞い上げていた、乾いた地面の姿はなくなりました。
紳士の喪服の裾に濃げ茶の泥飛沫が跳ね上がり、老女の鼻にはつんと濡れた土の匂いが射します。
老女は骨組みの多い黒の傘を広げていましたが、紳士はしなやかなシルクハットを被っているだけでした。
紳士は、骨張った頬や手に氷雨が触れるのも厭わず、馬車に棺を入れようと、もくもくと働いています。
棺は六角形をした硝子製で、その上を白い蝋状のもので覆われていました。
垂れ落ちた蝋が幾重にも連なり、盛り上がりと窪みを繰り返して凹凸を作ったような様子です。
その隙間からは棺の中を覗けそうなのです。
けれども、いますこし、というところで、蝋のようなものが視界をさえぎりるのでした。その上、棺の顔の位置にある蓋の部分は、壊されかけていて雷のような亀裂が入っており、ますます中を見にくくしていました。...


『少女の音色』
13歳の冬に見附けた素敵な建物.
其処は気難しい老女の営むコルセット美術館だった.
通いつめるうちに秘密の部屋を覗いてしまったすみれ子は...

・形式/小説<中編>
・400字詰原稿用紙100枚
・価格未定

*次回の参加展示即売会は詳細が決まり次第、
Informationに情報upします.
*本文は所有権を有しているものです.
無断掲載・転載、模倣、その他それに準ずる行為は固く禁じます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

乙女本{乙女とギタリスト}

乙女本:残酷で繊細な乙女に生まれついた貴女の為の物語.

展示即売会*に出品しています.

こちらでは
前回出品作品と、次回出品予定の作品の本文*の一部を
抜粋して、順次掲載していきます.


『乙女とギタリスト』より冒頭抜粋

レースに覆われた瞳をまっすぐに向けて、
ティーカップを唇に運ぶ姿は、凛然としていた
乙女の瞳はいつから見えないのだろう
そよ風に、結ばれたレースがたなびいている...


<「匣庭」出品作品>
『乙女とギタリスト』
〜盲目の乙女と美貌のギタリストの織り成す恋の行方〜
       
・形式/散文
・20ページ(約1000文字)
・蛇腹式 簡易製本
・葉書サイズ
・定価350円
・限定50部


*次回の参加展示即売会は詳細が決まり次第、
 Informationに情報upします.
*本文は所有権を有しているものです.
無断掲載・転載、模倣、その他それに準ずる行為は固く禁じます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »