« 新年の御挨拶 | トップページ | 「寄宿舎」特製ポストカード発売 »

2008.01.08

夏、刊行予定の本について

・タイトル「寄宿舎」(予定)
・形式/小説
・文庫サイズ
・価格未定

舞台は、
森の修道院に隔離された、胸を患う少女たちが集うサナトリウム。
冬のはじめにやって来た少女が見た、憧れの乙女の秘密と運命とは?

2007年に開かれたある絵画展の、同名の油絵からインスパイアされたもので、
中編になる予定です。

どうぞ楽しみにお待ちください。

|

« 新年の御挨拶 | トップページ | 「寄宿舎」特製ポストカード発売 »

コメント

初めてお邪魔いたします。八坂まゆと申します。
第六回文学フリマでいただいたmille-feuilleさんのフライヤーでこちらのアドレスを知り、遅ればせながら伺いました。
文学フリマで購入させていただいた「悪魔の花束」が内容も装丁もとても好きだったので新刊の「寄宿舎」も今から楽しみに待たせていただきます。私は乙女なタイプの女性ではありませんが「悪魔の花束」の美意識やメッセージには共感できる部分が沢山あり、ぜひ他の作品も読ませていただきたいと思いました。

それと第六回文学フリマでは発行部数などの質問にも丁寧に答えていただきありがとうございました。第七回には友人との参加を計画しておりますので、会場でお会いすることができれば、またご挨拶させていただきたいと思っています。
本年も益々のご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: まゆ | 2008.01.10 14:23

八坂まゆ さま
コメントありがとうございます。
第六回文学フリマでは、「悪魔の花束」をお買い上げいただきまして、
どうもありがとうございました。
小説は、受動的な娯楽ではなく、実用的でもありませんし、
読もうという気持ちと、それに付き合う時間を割いていただくことが必要になります。
お買い上げいただいた上で、ちゃんと読んでいただけて、
感想までいただけるというのは、とても嬉しい事です。
どうもありがとうございます。
「寄宿舎」を楽しみに待っていてくださる方が、確かにいらっしゃると思うと、
とても励みになります。
ちなみに描いている順番は、発行年月日と少し異なり、
「悪魔の花束」→「乙女とギタリスト」→「人形院」→「寄宿舎」となっていまして、
最近描いたものの方が、上達していると思います。
是非、ほかの作品もよろしくお願いいたします。
また、文学フリマ会場で、持参した部数などをお伝えしましたけれども、
あの時も申し上げた通り、わたし自身、あの回が初参加でしたので、
参考になるかどうか心配です。
実際、終わってみたら、あの数では売れ残りが出ました。
でも、もっと持ってくればよかったと思った種類のものもありましたので、
多めくらいが後悔がないかもしれません。
もし、わたしでわかることならお答えしますので、何かありましたら、
ご遠慮なくお聞きくださいね。
抽選で外れなければ、第七回文学フリマに参加する予定でいます。
その時は、よろしくお願いいたします。
(ご存じかと思いますが、春にも文学フリマが開かれますよ。)

投稿: mille-feuille | 2008.01.11 00:07

はじめまして。中野のタコシェさんで
去年の秋、伊藤さんの本を見つけました。

「悪魔の花束」の愛蔵版のかわいさに引かれ
購入し、
内容を読んでさらに惚れてしまいました。

愛蔵版の可愛さに私の写真作品にも
彼女の愛読本として飾らせていただきました。

外装も内容も、刻印も大好きです!
また新しい本が出るということで
今からとても楽しみで心躍ります。

今日、人形院もどきどきしながら購入させていただいたので
静かな夜に、声に出してゆったり呼んでみようと思っています。

素敵な作品を本当にありがとう御座います☆

投稿: あまね | 2008.01.13 03:02

あまね さま
コメントありがとうございます。
愛蔵版「悪魔の花束」、「人形院」両方お買い上げいただきまして、
どうもありがとうございます。
とても気に入っていただけたようで、嬉しいです。
お店に納品する時には売り上げを確認しますし、
展示即売会では目の前で売れていく訳ですが、
お買い上げいただいても、読んでいただけたのかどうか
確かめる術がないので、
感想をいただけるのはとても嬉しいです。
読んでくださる方が、気に入ってくださる方が、確かに存在するのだ
という実感が湧きます。
ブログを拝見しましたが、「写真作品にも彼女の愛読本として飾った」
というのは、ブログのお写真のことですか?
どうもありがとうございます。
「人形院」はいかがでしたか。
声に出して読んでみたいと言われたのは初めてです。
最新作がいちばんの出来だと思えるように、ということを
常に念頭に置いて物作りをしています。
次回作を楽しみにしてくださっていること、忘れません。
また、最後になりましたが、
あまねさまもよい作品作りが出来ます事、お祈りしています。

投稿: mille-feuille | 2008.01.13 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年の御挨拶 | トップページ | 「寄宿舎」特製ポストカード発売 »