« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.30

【Lykkelig】「寄宿舎の秘密」Sold Out御礼! 近日中に入荷予定

金沢の雑貨店·Lykkeligさんにて、先日、本や手紙用品のお取り扱いが始まったばかりですが、
ウェブショップでの販売が始まって間もなく、
「寄宿舎の秘密」が売り切れてしまいました!
ご購入くださった方々、ご興味をお持ちくださった皆様、
どうもありがとうございます!
いい読書をしたなあと思っていただけることを祈っています。

週明けには、追加納品しますので、近日中にはまたお店に入荷し、
ウェブショップでもお求めいただくことができるようになります。
どうぞよろしくお願いいたします!

Lykkelig(リュケリ)
石川県金沢市小立野1-6-22メゾンノア1F
11:00~20:00 水曜定休
『金沢』駅 西口 4番·5番のりば 東部車庫行き·湯涌温泉行き 錦町バス停下車 徒歩3分

| | コメント (0)

2009.01.27

【Lykkelig】ウェブショップ UP!

先日、お取り扱いが決まった金沢市のお店・Lykkelig[リュケリ]さんにて、ウェブショップでの販売が始まりました!

とても素敵な感じにご紹介してくださいました。
嬉しいです。
以前、お客さん側としてウェブショップを利用した時にも感じたのですが、
品物のひとつひとつに添えられている説明が丁寧なのがいいなと思います。

これまで遠方でご購入が難しかった方や、お忙しい方など、
とても利用しやすくなったと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

星の名前のような愛らしい響きのLykkeligという言葉は、
デンマーク語で『幸せ』『幸福』という意味だそうです。
ご利用いただいた方が、幸せな気持ちになってくださることをわたしも祈っています。

Lykkelig(リュケリ)
石川県金沢市小立野1-6-22メゾンノア1F
11:00~20:00 水曜定休

| | コメント (0)

2009.01.24

プロフィール更新しました

プロフィールページを更新しました。
わかりづらいのですが、左側のカテゴリーの下にあります。
携帯サイトからは見ることができないようで不便ですが、
今後の活動など、時々ひっそり更新しておりますので、チェックしてくださいね。

| | コメント (6)

2009.01.16

Lykkelig[リュケリ]にてお取り扱い始まります

石川県金沢市にある音楽と雑貨のお店「Lykkelig(リュケリ)」さんに、
本と手紙用品を置いていただくことになりました。
北陸初進出です!

直接伺ったことはないのですが、
以前、Lykkeligさんのウェブショップ(とても充実しています)で、
作家さんの作るレターセットを購入したことがあり、
今度は作り手側として参加できることがとても嬉しいです。
CD·本·雑貨のセレクトが魅力的です。
素敵な作品群の中からわたしのものも選んでもらえますように…。
お近くの方は是非訪れてみてください。
わたしもいつか行ってみたい! と思っています。

【お取り扱い作品】

Lykkelig[リュケリ]にてお取り扱い始まります

◆本
·寄宿舎の秘密…630円
·人形院…525円
·悪魔の花束(愛蔵版)…660円

Lykkelig[リュケリ]にてお取り扱い始まります

◆ポストカード…各126円
·「寄宿舎の秘密」赤×金
·「寄宿舎の秘密」黒×銀
·「レースペーパー柄」パールホワイト×銀
·「レースペーパー柄」水色×銀
·「さくらトランプ」

Lykkelig[リュケリ]にてお取り扱い始まります

◆ラベル
·1920年代フランス復刻ラベル4枚セット(グラシン封筒入り)…367円
◆蔵書票
·石の刻印“飾り枠”4枚セット…315円 

上記のものは納品済み、ウェブショップには来週あたりアップしていただけるそうです。

今後、レターセット、グリーティングカードなどもお取り扱いいただく予定で、これから追加製作に入ります!

おそらく、mille-feuille作品をいちばん多く扱っていただくお店になると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Lykkelig(リュケリ)
石川県金沢市小立野1-6-22メゾンノア1F
11:00~20:00 水曜定休
『金沢』駅 西口 4番·5番のりば 東部車庫行き·湯涌温泉行き
錦町バス停下車 徒歩3分

| | コメント (0)

2009.01.11

【オススメ】樋上公実子個展「Bitter Chocolate」

「寄宿舎の秘密」のK王女であらせられる樋上公実子さんの個展が開かれます!
昨年11月、約2年ぶりとなる個展が開かれて、今年また2月に個展というのは珍しいです。
当たり前のことですが、絵は売れてしまったら二度と観ることが出来ません。
「寄宿舎の秘密」を読んでくださった方、これから読もうと思っている方は特に、
もちろんそうでない方も、是非樋上さんの世界観に触れてみてください!

◆樋上公実子さん個展「Bitter Chocolate」
◇2/10~2/16 プランタン銀座6F アートギャラリー
◇2/14の3時~樋上さんともとしたいづみさんの座談会があります。
◆展示内容…35点
◇「チョコレータひめ」原画12点
◇雑誌「Zipper」の12星座のイラスト(お菓子)12点
◇昨年描かれた新境地といえる「花魁」「降臨」
◇雑誌に掲載された6点
◇新作!

*樋上さんのご許可を得て、ご紹介させていただきました。

| | コメント (0)

2009.01.09

新装版「乙女とギタリスト」について

手製による印刷・製本のため、多く作れなかった「乙女とギタリスト」を、
印刷所による印刷・製本で増刷、春までに発売いたします。
大きさや表紙の色など多少異なりますが、だいたい同じ装いで、仕上がりはよりきれいになります。
また、新作散文「f」と、あとがきも付ける予定です。
短い読み物ですが、どうぞお楽しみに。

◆新装版「乙女とギタリスト」
◇収録作品と執筆時期
・乙女とギタリスト(約1000字)…2006年7月
・f(約500字)…2008年11月
◇35ページ前後
◇予価500円~600円+税
◇限定50部~80部予定
◇2009年3月~4月、発売予定

| | コメント (0)

2009.01.06

未完の作品について

まずは、このブログのはじめの方に載っている「少女の音色」について。

当時のブログ記事では、もうすぐ本として刊行する予定として、
本文もすこし載せていますが、
今のところ書籍化する予定はありません。
この作品は初めて書いた小説で、何人かの友人知人に読んでもらった時は評判もよく、
うまくいけばもう少しで雑誌にも載りそうでした。
けれども、タイミングが合わないでいるうちに雑誌が廃刊になってしまいました。
それで一度は自分で本にして出そうかと思ったのですが、
その頃はもう「人形院」を完成させていて、
それに比べると「少女の音色」はとても拙い出来に思えてきました。
手を入れて本にすることも考えたのですが、
昔のものを直して本を作るより、新しいものを書いた方がいいものが出来ると思い直しました。
そのまま今日まで来てしまい、うやむやにしているのがずっと気に掛かっていました。
もしかしたらそのうち、手を入れて刊行するかもしれませんが、今は新しく作りたいものがいっぱいで目処が立ちません。

それから去年の春、一部の方(マルシェ·ミニョンVOL.2に来てくださった方)には
「オムレット少年の妊娠」という新刊を、秋頃出す予定とお伝えしてしまいましたが、
計画倒れで終わってしまいました。
こちらもうやむやにしたままで申し訳ありません。
オムレット少年は、暴れん坊過ぎてちっとも言うことを聞いてくれず、未完のままです…。

両作品とも、きっかけや機会を見つけられたら、形になることがあるのかもしれません。

年始めに、きれいで新しい気持ちになって、もの作りをしていきたいと思い、
突然でしたが気になっていたことを書かせていただきました。
これからはお約束を守れるよう精進していきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2009.01.01

新年のご挨拶 2009

新年のご挨拶 2009

昨年は、mille-feuilleにご興味をお持ちいただきまして、
どうもありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

2009年上半期は、4月4日(土)のAlamode Market(川崎)に出展が決定しています。
5月10日(日)の文学フリマ(蒲田)への参加も予定しています。
お話ししながら、直接手売りするのが、活力の源になります。
まだ先ですので、スケジュールを調整して、
お気に入りのものを探しに来ていただけると嬉しいです。

今年の最初の仕事は、完売した手製の「乙女とギタリスト」を新装して刊行することです。
4月のAlamode Marketに間に合うようにと作っています。
手製本をお持ちの方にも楽しんでいただけるような工夫をしたいと考えています。

新しい本は現在執筆中で、年内の刊行が目標です。

手紙用品は、オリジナルよりも、珍しい紙ものや古い印刷物の復刻ものを、まずは予定しています。
画像は、集めてきた古い紙ものの一部です。

昨年の春から石の刻印製作を一旦休止しています。
作るのをやめた訳ではなく、いろいろなもの作りを同時進行するのが難しくて、
お休みしている形です。
石の刻印本体の販売や受注製作のリクエストをたまにいただくことがあり、
ご希望に添えず心苦しいのですが、ご理解いただければ幸いです。

下半期の予定はまだ未定ですが、
皆様のささやかな楽しみ、日常のちょっとした彩りになるようなものを作っていけたら嬉しいです。

2009年が皆様にとって良い一年になりますように、お祈りしています。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »