« 【オススメ】「少女工房」展 | トップページ | 【小説】新作「十三月がやってくる」について2 »

2009.06.28

【小説】新作「十三月がやってくる」について

年内の完成を目標にしております新しい小説は、
“日常の隣の奇妙”をテーマにした、読み切り短編小説&ショートショート集です。
「十三月がやってくる」という表題作のほか、数編を収録します。
今回は、乙女独特の世界観を描いたものではなく、
これまでの作風と異なる雰囲気になりますが、
興味を持っていただけると嬉しいです。
只今、書いている最中ですが、装丁はもう決まっています。
「寄宿舎の秘密」の時のようなDMも作りたいなと思っています。
今年中にはお取り扱いいただけるお店に置けるようにし、
第10回文学フリマ(2010年5月23日(日))に出品の予定です。
また詳しくお伝えできるようになりましたらupしますので、
よろしくお願いいたします。

◆『十三月がやってくる』
◇収録作品
・「まぼろし凱旋」
・「あかがみさま」
・「十三月がやってくる」
*ほか未定

◇短編小説集
◇文庫版
◇ページ数、部数未定
◇価格600円前後
◇2009年冬 発売予定

|

« 【オススメ】「少女工房」展 | トップページ | 【小説】新作「十三月がやってくる」について2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【オススメ】「少女工房」展 | トップページ | 【小説】新作「十三月がやってくる」について2 »