« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 進行状況 »

2009.08.30

【小説】新作「十三月がやってくる」について5

秋~冬発売予定の新作小説「十三月がやってくる」。
“日常の隣の奇妙”をテーマにした、読み切り短編&ショートショート集です。
最後の1編を書き終えました。

◆『十三月がやってくる』全4編収録
◇「これは夢ではない」
真夜中に、闇のような男から『王様の美術館』に招待されたマグリット氏。
昼と夜、現実と夢、生と死が共存する不思議な世界。
(執筆時期…2009年8月/400字詰原稿用紙換算枚数…16枚)

只今、表紙デザイン&レイアウト、本文の印刷用原稿作りをしたり、
あとがきを書いたりしています。
サイズは文庫版を予定、暗い感じの表紙にするつもりです。

|

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 進行状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 進行状況 »