« 【タコシェ】再入荷予定(12月上旬) | トップページ | 【小説】「悪魔の花束」残り僅かとなりました »

2009.11.29

【小説】新作「十三月がやってくる」12月上旬発売

【小説】新作「十三月がやってくる」12月上旬発売
新作小説「十三月がやってくる」、12月上旬の発売を予定しています。
お取り扱いいただくお店が決まりましたらまたお知らせします。

“日常の隣の奇妙”をテーマにした、読み切り短編&ショートショート集です。
表紙には、以前撮影した写真を加工して使い、グレーの紙に、ボルドーのインクで印刷しました。
あとがきも付けました。


◆『十三月がやってくる』
◇収録作品
·まぼろし凱旋
「島に帰ると必ず死人が出る」
聞きたくないのに引き込まれてしまう、同郷の男が語る島伝説の真相とは…?
·あかがみさま
何の前触れもなく、次々とこの世から消えていく物と事。
“あなた”だけが記憶の記録者となるが―。
·十三月がやってくる
「今年は“十三月”がくるらしい」
街で、学校で、囁かれる不穏な噂。
知らないのは、どうやら自分だけ…?
よくないことであるらしい“十三月”とは、一体何なのか。
·これは夢ではない
真夜中に、闇のような男から『王様の美術館』に招待されたマグリット氏。
昼と夜、現実と夢、生と死が共存する不思議な世界。

◇短編小説集
◇文庫版
◇80ページ
◇定価630円
◇発売日…2009年12月上旬

どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 【タコシェ】再入荷予定(12月上旬) | トップページ | 【小説】「悪魔の花束」残り僅かとなりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【タコシェ】再入荷予定(12月上旬) | トップページ | 【小説】「悪魔の花束」残り僅かとなりました »