« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.25

【展示即売会限定】「十三月がやってくる」ポスカ新色、本&ポスカセット

2010年5月23日(日)に開かれる文学フリマに参加します。

本は、「悪魔の花束」(通常版のみ*)、「人形院」、「寄宿舎の秘密」、
「乙女とギタリスト」、「十三月がやってくる」を出品いたします。
(*愛蔵版は現在お店にある分で終了です。ありがとうございました!)


今日は、展示即売会限定のお品をご紹介。

◆ポストカード「十三月がやってくる」
チョコレート色(画像右)
本の表紙とお揃いのポストカード、
Lykkeligさんで発売中のバーガンディ(画像左)の色違いです。
紙がチョコレート色、インクは金色です。
◇120円

【展示即売会限定】「十三月がやってくる」ポスカ新色、本&ポスカセット
◆「十三月がやってくる」本&ポストカードセット
文庫本と、ポストカード2枚(定番色バーガンディ、限定色チョコレート)のセット。
蛇の絵と赤いアルファベットが13月ぽい、ドイツの薬屋さんの紙袋入り。
◇限定10セット
◇870円

◆第十回文学フリマ
◇2010年5月23日(日)11時~16時
◇大田区産業プラザPiO(京急蒲田駅下車徒歩3分)


本、ポストカードともにバラ売りもご用意。
手紙用品などの紙まわりも出品する予定です。
またご紹介いたします。

| | コメント (0)

2010.02.20

新装版「乙女とギタリスト」パッケージサイズ変更のお知らせ

先ほど更新した記事に「以前お伝えしました通り」と書きましたが、
読み返してみたら、まだお伝えしていなかったようです。
大変失礼しました。

「乙女とギタリスト」を包装しているグラシン袋のサイズがちょっとだけ変わります。
これまで、本にぴったりジャストサイズのグラシン袋に入れていたのですが、
袋を追加で仕入れたところ、何故か1mmほど小さくなっており、その僅かな差で本が入りませんでした。
ジャストサイズが気に入っていたので残念ですが、
一回り大きいサイズのグラシン袋に入れることにしました。
幅が広くなり、取り出しやすくなりました。
白ラベル/黒ラベルなどはこれまで通りです。

「乙ギタ」は、タコシェさん、Lykkeligさんでお取り扱いいただいていますが、
現在Lykkeligさんにございますものは、これまで通りのジャストサイズ、
タコシェさんは本日の入荷分から、一回り大きいサイズとなりました。
現在タコシェさんには両方ある状態だと思います。

5月に参加予定の文学フリマでは少しだけ在庫のあるジャストサイズと、大きめと両方ご用意しますが、
なくなり次第終了となります。
よろしくお願いいたします。

|

【タコシェ】本4種類、再入荷

タコシェさんに「人形院」「寄宿舎の秘密」「乙女とギタリスト」「十三月がやってくる」が再入荷しました。

以前お伝えしました通り、今回から「乙女とギタリスト」のパッケージがちょっと大きめになりました。

また、愛蔵版「悪魔の花束」はわたしの手元にはもう在庫がなく、再入荷はありません。
タコシェさんでは店頭分が残り1冊となっております(2010年2月15日現在)。
通常版はまだございます。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2010.02.07

近況いろいろ

久しぶりの更新になってしまいました。

本を置いていただいている、大阪の貸本喫茶ちょうちょぼっこさんの営業日が変わりました。
この2月から金曜日の営業がなくなり、第1〜3の土日の13:00〜20:00がお店の開いている日時になります。
お気をつけて、お出掛けください。

先日、第十回文学フリマの申し込みを済ませました。
開催日は2010年5月23日(日)とまだ先ですが、
展示即売会限定セットなどもご用意しております。
場所は京急蒲田駅下車徒歩3分の大田区産業プラザPiO。
11:00〜16:00です。
是非いらしてください。

現在は追加レターセットを引き続き製作中のほか、新作短編も書いています。
そのほかにもいろいろと準備中ですが、まだお伝えできることがない段階です…。
追い追いお知らせしますのでよろしくお願いいたします。

最後にオススメをひとつ。
2/13まで銀座のヴァニラ画廊で開かれているフランツ・フォン・バイロス(1866〜1924)の蔵書票展「バイロス蔵書票展〜世紀末の甘美な夢」です。
わたし自身、昨日知ったばかりでまだ観に行っていないのですが、
19世紀末が好きな方はお気に召すのではないでしょうか。
画廊のHPで絵をすこし見ることができます。

ではでは愉しい冬をお過ごしください。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »