« 【オススメ】樋上公実子さんの個展 | トップページ | 恐竜展 »

2010.08.30

ペーパーバック·マーケット&有元利夫展(訂正アリ)

ペーパーバック·マーケット&有元利夫展
なぜこの夏はいい展覧会ばかり開催しているのでしょうか…。
暑いのに!


渋谷のデルフォニックスでペーパーバッグ·マーケットを見てきました。
今回は10時頃家を出て、なんとか午前中にPARCOに着いたのですが、
わたしの好みのものはそんなになかったです。
平袋大好きでいろいろチェックしているせいなのか、物足りない感が。
思ったより種類なかったなー。
あとは、一枚300円口400円…お値段であきらめたものも。
今日購入したものでいちばん高価だったのは焦げ茶に金の薔薇の小さな袋。
前にもどこかで見かけてあきらめたことがあり、再会しちゃったので一枚だけ買いました(399円)。
5枚セット300円前後で気に入ったものがあったので、購入。
こちらは、展示即売会の時にショッピング袋として使うかもしれません。
枚数がないので、早い者勝ちになってしまうと思いますが。


もっと悩み倒すかと思っていたのにあっさり済んで、
待ち合わせまで時間が余り、
ロゴスギャラリーでレアブック·コレクションをチラ見。
昔バーゲンで買ったウィリアム·クラインの写真集が出ていて、
あの時買っておいてよかったと思ったり、
好きだったのにすっかり忘れていたジャンルー·シーフの写真と再会したりしつつ、目黒に移動。


家の近くにはないお店なので、目黒に来たら絶対買おうと思っていたケーキ屋さんア·ラ·カンパーニュをチェック。
3種類買って、帰りに取りに来ることにして、いざ庭園美術館へ。
待ち合わせの美術館入り口のカフェ茶洒で、13:30迄のランチ。

わたしは鯛茶漬けとジャージャー麺のセットにしました。
プチサイズで好きなものがふたつ選べるのです。
ここに来たら必ず鯛茶漬けにしています。
これに茶碗蒸しと食後のお茶が付きます。


ようやくメインの有元利夫展です。
有元作品と出会ったのは、中学生の頃。
読んだことがあるのに間違えて同じ本を買ってしまった読書家の同級生と、
当時鎌倉にあった初期の靴下屋の店構えがあまりに可愛く、
要らぬものまで買ってしまった私とで、
本と靴下の交換をすることになりました。
その時の本「錦繍」の表紙絵が、有元作品だったのです。
中学生で錦繍…しかも「読みたいと思って買ったら読んだことあった」という
大人びた彼女に比べてわたしは、
粗筋を読んで、どうしてこれを2回も読みたいと思えたんだろう、と
感じてしまうくらい幼い中学生でした。
ただ、当時から表紙の絵は大好きでした。
中身も大人になってから読み、あの美しさに痺れた今ではとても好きな小説ですが、
読書家の同級生の持ちものであった、わたしにはまだ読めなかった本とその表紙絵は、
今もどこか遥かな、特別なものなのです。


庭園美術館でいつも思うのは、なんて贅沢な舞台装置なのだろう、ということです。
旧朝香宮邸である庭園美術館は、ゴテゴテしすぎないアール·デコ様式がクールで、美術館自体が美術品。
内装と絵画の相性がやっぱり抜群でした。

美術館正面はこんな感じ。

裏庭からの眺めの方が、より好きです。

裏庭に面した回廊。

混雑していましたが、錦繍の表紙絵も観ることができました。
(*9/4訂正。この絵だと思い込んでいたのが違いました!表紙絵はありませんでした。スミマセン!)
図録も箱入りでなかなかよいです。
強いて言えば、わたしのいちばん好きな一枚の展示がなかったことと、
ポストカードがセット売りのみだったことが残念でした。
次回の香水瓶展もとっても良さそうなので、行く予定です!


ペーパーバッグ·マーケットは10/7迄。
レアブック·コレクションは9/8迄。
有元利夫展は9/5迄。
香水瓶の世界展は9/18口11/28。

おまけ

ア·ラ·カンパーニュのケーキたち。
ざくざく、ガシガシ、しっとり、こっくり、本当においしかった!

|

« 【オススメ】樋上公実子さんの個展 | トップページ | 恐竜展 »