« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.30

2010年もありがとうございました!

2010年もありがとうございました!
(今年読んだ小説の中からBEST3を選んでみました!)

2010年もあと少しになりました。
本年もmille-feuilleにご興味をお持ちいただきまして、
どうもありがとうございました。
皆様、どうぞよいお年を!

追伸:初詣は有名なところもいいですが、住んでいる場所の守り神様にお参りに行く方がいいと聞き、今年からそうしました。
確かに、よかったかも!
もしよろしければ参考にしてみてくださいね。

|

2010.12.29

國義展と大正イマジュリィ展

國義展と大正イマジュリィ展
前の記事に書いた金子國義展、行ってまいりました!(12/24で終了しました。)
國義展へは何度も行ったことがあるのですが、相変わらず可愛らしい雰囲気。
今回も絵と一緒にトランクやポートレート、ぬいぐるみなどの愛用品が飾られていました。
以前、許可を得て一緒に写真を撮らせてもらった羊ちゃん(ぬいぐるみ)にもまた会えました。
お気に入りのものが綺麗に素敵に並べられている國義さんのお部屋の様子は、
本でも見ることができます。
今回いちばんの目的である鏡の国のアリスのカレンダーは、電話で残っているか確認して取っておいていただき、無事に入手!
サインも入っていて嬉しい限りです。

松濤美術館
そして久しぶりの松濤美術館。
相変わらず雰囲気のある佇まいでしたが、記憶ではもっと大きかった気が…!
それは中に入って展示を観ても思いました。
展示室、二つでしたっけ?
併設のカフェもあった気がするのだけど。
大正の13人の画家を集めているので、1人あたりの量はあれでも少なくはないのでしょうけれど、
個人的には、一人一人を、もっとたくさん観たかったです。
小夢はやはりすごかったですよ。
細いタッチの妖しさが独特で抜群でした。
当時の本も整然と並んでいました。
高畠華宵挿絵の「人肉の市」の実物本があり、これは大岡昇平氏の「少年」という随筆で読んだ、あの本では!?とピンときました。
すごく中を見てみたかった!
(興味のある方は、日本の名随筆別巻85「少年」島田雅彦編を参照のこと。)
区立なのでお安いですし、美術館の方も感じがよいです。
図案を壁に貼った展示方法もなかなかよかったです。
十二階(凌雲閣)が、にゅっと頭を出している風景パノラマも必見!
大正時代の図案を満遍なく観たい方には特にオススメの展示です。
1/23迄。
遠方の方、図録は一般の書店でも見掛けました。


【新作案内】
短編小説「清らかな毒草」630円

|

2010.12.23

美術展いろいろ

美術展いろいろ
何日か分の美術展感想をまとめて。

アルブレヒト・デューラー展。
国立西洋美術館、1/16迄。
東京文化会館にバレエ「モーリス・ベジャールのM」を観に行った時に寄りました。
行かれないと思っていたのでうれしい!
これいいなと思うと、エングレーヴィングという手法であることが多かったです。
とても緻密な細い線の版画でした。
大作もあり、見応えありすぎるくらい。
500年前の作というのも驚きでした。
美術館でいつも買うのを楽しみにしている企画展のポストカードがなくて残念。
コルビジュエの建物や常設展はじっくり見れませんでした。また次の機会に!


桑原弘明個展
ギャラリー椿GT2、12/25迄
小さな函の中を覗くと、市松模様の床の部屋や屋根裏部屋、水辺の庭。
光によって昼になったり夜になったり。
ここ2、3年行かれなかったのですが、桑原さんは覚えていてくださり、
アトリエやご自宅、美少女のお嬢様の写真を見せていただきながら愉しい時間を過ごしてきました。
作品に似たものすごく素敵なお住まい!


少女風景展
(終了しました)
最終日で早く閉まることを失念していて、時間が過ぎていることに気付かず無邪気に扉を開け、中へ。
画廊の方のご厚意でちょっと観ることができました!!
よかった〜。
樋上公実子さんの新作に無事会えました。
すごく可愛かったです!
この帰りに寄ったアンティークのお店でも、買わ(え)なそうな若輩者なのに、
気さくに見せてくださったり説明してくださったり、
美しいものを見られた上に勉強になりました。
いろいろな方に親切にしていただき、嬉しい一日でした。


これから行きたい展覧会

金子國義展
伊勢丹相模原店アートギャラリー、12/24迄。
國義アリスのカレンダーが急に欲しくなり、猛烈に行きたいです。
行けるかな。。
来年はお部屋で1年間、國義アリスと一緒に過ごしたい!
大正イマジュリィ展(松濤美術館、1/23迄)にも行く予定。
また小林かいちが観られる機会なのです!
大好きな蕗谷虹児のほかに、乱歩展の際、「押し絵と旅する男」の挿絵がイメージとぴったりすぎて吃驚した橘小夢も出ている様子。
マラカス・マラカス展やボックスオペラfig.なども興味ありますがもう行かれそうもありません。。


明日はイヴですね!
皆様、愉しいX'masを!


【新作案内】
短編小説「清らかな毒草」630円

|

2010.12.17

横浜美術館へ行ってきました

横浜美術館へ行ってきました
(先月のお話ですが…。
前回、美術館の感想を書く!と言ったままそのままになっていたので。)
横浜美術館では、ドガ展が開かれています。
気になっている方は絶対いらした方がいいです。
21年ぶりの大回顧展と聞いています。
有名な「エトワール」の絵の前は人だかりで、
照明も暗め、近寄れないようにポールがあるのが難点ですが、
生で観られて嬉しかったです。
暗いし遠いので、パステルがどんな感じなのかよくわからなかったのですが、
それは明るいところにあってすいていた別のパステル画で観れました。
「14歳の小さな踊り子」の像もありました。
ただがっちりガラスケースに入れられていました。
像の発散する空気感まで楽しむのは難しいです。
油彩も踊り子をはじめ、肖像画もたくさんありました。
ドガと言えばわたしにはパステル画のイメージなのですが、油絵すごかった…。吃驚しました。
鉛筆のドレープのための習作なんてそれだけで飾ってもいいような仕上がりで、
その技術にくらくらしました。
版画や、絵を描くための写真、立体、愛用品まであり、とても興味深かったです。
パステルという画材を選んだのは、視力の低下のためだったとは初めて知りましたが、
淡くて儚いふんわりとした、でも意志の強いドガのパステル画が生まれてよかったと、思わずにいられませんでした…視力の低下は悲しいことですが、あのパステル画を生み出すために神様がわざとそうしたかのよう。

もういつ行っても混んでいます。
特にグッズ売り場(そこを通らないと出られません)は、朝の満員電車のようです。
わたしは美術館でいつも購入することにしているポストカードと、踊り子のスタンプを買いました。

それと忘れてはいけないのは、常設展も必ず観て帰ることです!
「十三月がやってくる」のあとがきに書いたマグリットの「王様の美術館」や、ダリ、エルンスト、マン・レイなどが贅沢に並んでいます。
階下へは、マグリットの立体が点在する階段を降りていきましょう!
みんなドガに夢中で気づいていないみたいでしたが、
銅像たちはガラスケースにも入らずに、自由にマグリット空間を醸し出していました。
12/31迄。休館日に気をつけて、まだの方は是非!

是非と言えば、来週はしごする予定のオススメ展覧会 in ギャラリー。
どんな感じか&会期は調べてみてくださいね!
・毎年恒例、桑原弘明さんの個展(ギャラリー椿/京橋)
・樋上公実子さん、高田美苗さん、北見隆さんほか参加の少女風景展(あらかわ画廊/京橋)
・樋上さんやAquirax、北見葉胡さんほか参加のマラカス・マラカス展(ピンポイントギャラリー/表参道)
・北見隆さん東逸子さん建石修志さんのBOX展(スペースYUI/外苑前)
もしかしたら全部回るのは無理かもしれませんが、頑張ってきます!

|

2010.12.11

【Lykkelig】新刊「清らかな毒草」WEB SHOPでの販売開始

新刊「清らかな毒草」(630円)、LykkeligさんWEB SHOPでの販売が始まりました。
このブログのわたしの画像より、表紙が分かりやすいです。
見に行ってみてください。
LykkeligさんWEB SHOPには、わたしの手元にはもうない「愛蔵版・悪魔の花束」「寄宿舎の秘密」もあります。
よろしくお願いいたします。

【新作】短編「清らかな毒草」完成しました
遊び紙と本文

| | コメント (2)

2010.12.08

文学フリマを終えて

事務連絡のような記事が続いたので、この辺で文学フリマの感想や今後の予定、
訪れた美術館の感想などを書こうと思います。

今回の文学フリマ、mille-feuilleブースは実はちょっと不発でした。
出入口付近で人の捌けが良すぎたり、
参加サークルが多くて人が分散していたりもしていたと思いますが、
何かのせいにしてばかりいてはいけません。
新刊初動数もいつもより良くなかったですが、こんな時もあるかな、と思ってます。
いつも、いちばん新しい作品が、いちばんの自信作と胸を張って言えるようなもの作りをしていますので、
じわじわ売れていくことを期待しています。
皆さま、よろしく!


そんな中、「清らかな毒草」の最初の読者になってくださった皆さま、
「これずっと読みたかった」とお買い上げくださった方、
「可愛い~」と声を揃えてくださったお方、
時間をかけてじっくり選んでくださった方、
ほか、興味を持ってくださった皆さまに御礼申し上げます。
どうもありがとうございました!
一人でやっていることもあり、訪れることのできなかった出展者さまには申し訳なく思っております。
差し入れやお誕生日プレゼントを持って来てくれたお友達、
椅子や机の片付けを手伝ってくれたお友達にも御礼を。
みんな、手ぶらで来てくださいね!
ありがとう&ごちそうさまでした。
関わった全ての方に感謝を!

さて、今回から、芳名帳を置くのをやめてみました。
試行錯誤の結果、DM葉書は今後、製作しない方向です。
その分、作品製作に力を入れたいと思います。


…長くなってしまったので、美術館関連はまた次回にします。
結局、
・北見隆個展
・世界絵本とチェコの人形劇展
・橋本平八と北園克衛展(12日迄)
には行かれなかったです…。

| | コメント (0)

2010.12.07

【Lykkelig】【タコシェ】新刊発売中

Lykkeligさんとタコシェさんで、新刊「清らかな毒草」の販売が始まりました。

Lykkeligさんには新刊入荷+「乙女とギタリスト」「人形院」が再入荷!
WEB SHOPにも新刊、近々upされると思います。

タコシェさんには新刊入荷+「人形院」が再入荷!
愛蔵版「悪魔の花束」も1冊残っているようです(2010.12.3現在)。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2010.12.06

新刊、mixiでの販売開始

新刊「清らかな毒草」(630円)、本日よりmixiでの販売を開始いたします。
1冊~承ります。
お気軽にご注文くださいませ。

・ご注文方法…mixi コミュニティ「mille-feuille」管理人mille-feuille宛てにメッセージ(品名、数量、合計金額、お名前、ご住所をご記入)ください。
*mixiに入会している方しかご利用できませんが、いろいろな事情から、現在のところこの方法のみとさせていただいております。

・お支払方法…先払い、銀行振り込み(三菱東京UFJ銀行)
※恐れ入りますが、振り込み手数料をご負担ください。

・ご送付方法、送料…クロネコメール便80円~/他、ご要望に応じます。

・その他の本の在庫状況、手紙用品についてなど、お気軽にお問い合わせください。

〈残り僅か〉
・悪魔の花束(通常版)
・人形院
・十三月がやってくる

〈SOLD〉
・悪魔の花束(愛蔵版)
・寄宿舎の秘密

1冊~承ります。
メッセージお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2010.12.05

文学フリマ御礼

本日は、文学フリマにお越しくださいまして、どうもありがとうございました!

おかげさまで、「寄宿舎の秘密」は売り切れました!
ありがとうございました。
お店の方(リュケリさん、タコシェさん、啓祐堂さん、ちょうちょぼっこさん)には、まだすこし残っているかと思いますので、
気になる方はよろしくお願いいたします。

リュケリさんでは、さっそく新刊のお取り扱いが始まりました!
タコシェさんでも火曜日くらいからお取り扱いいただく予定。
くわしくはまた改めてupします。

| | コメント (0)

2010.12.01

もうすぐ文学フリマ

12月になりました。
文学フリマ目前です。

文学フリマHPでもサークルリストがupされました。
今回は、550以上ものサークルが出展するそうで、
当日すべてを見てまわるのは難しいです。
予め、気になるところをチェックしてからお出かけくださいね。

今回も見本誌コーナーがあります。
作者本人の目の前で立ち読みしにくい方のために設けられたじっくり吟味コーナーとでも言いましょうか…。
こちらに置けるのは新刊だけなので、mille-feuilleからは「清らかな毒草」を置く予定です。
作者本人の目の前でも立ち読みじっくりどうぞ。

プチチラシはこんな感じになりました。
チラシ
清らかな毒草DMを挟もうと思ったのですが、DMあとすこししかなかった…。
気になる方はお早めにどうぞ。

◆第11回 文学フリマ
◇2010年12月5日(日)
◇11:00~17:00
◇入場無料
◇文学フリマカタログ無料配布あり(なくなり次第終了)
◇大田区産業プラザPiO
■京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩3分
東口を出てすぐに右折、踏切を渡りひとつ目の信号、左手の建物です。
◇参加名…mille-feuille
◇ブース…O-13(1F大展示ホール)

◆出品本
◇清らかな毒草…new!
【新作】短編「清らかな毒草」完成しました
遊び紙と本文
雨の似合う灰色の博物館に、長年住み込みで働いている「私」。
標本師である弟は、博物館のドーム部屋から古びたタイプライターを追いやり、骨格標本を陳列し始める。
弟がやってきた時から崩れ出す、「私」と博物館の均衡。
静謐で烈しい短編小説。
(A5判、40頁、630円、グラシン包装)
◇十三月がやってくる
◇乙女とギタリスト
◇寄宿舎の秘密
◇人形院
◇悪魔の花束
◆その他
◇ポストカード数種
◇栞と検眼レンズのセット
◆配布
◇チラシ
◇清らかな毒草DM

お会いできる12/5を楽しみにしております!

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »