« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.29

レトロな形

レトロな形
モンブランのボトルインクはリニューアル前(左)の方がよかったと思うのだが、どうか?
ついでに言うと、色の名称もブルーブラックとかボルドーとかでよかったのに。
オシャレにしたつもりかしら?

|

2011.06.26

葉山へ行ってきました

葉山へ行ってきました
神奈川県立近代美術館 葉山へ「視覚の実験室『モホイ=ナジ/イン・モーション』」展を観に行ってまいりました。
ずっと気になっていた葉山館、とてもよかった!
お天気もよく、海風が涼しい。
そう、ここは海の見える美術館なのです。

震災後、海を見るのが怖かったけど、もう大丈夫。
思ったより遠くて(でも2時間かからなかった)小旅行気分。
着いた頃にはすっかりお腹がすいて、付属のレストランでまずはランチ。

シーフードカレーや展覧会コラボのお肉のお料理もとてもおいしそうだったけど、
レストランやカフェのハンバーガーって好きで、珍しくあったのでそれにしました。
とてもジューシーであつあつ!
食べにくいので上品なシーンには向きませんが、おいしくって満足。
キャラメルコーヒーも美味。

さて、展覧会ですが、これは好き嫌いが分かれるのではないかと思いました。
私は好き。
特に写真と映像がよかった。
1920年代、30年代の映像というだけで興味深い。
動くオブジェにいろんな色のライトを当てて影を堪能する暗い部屋もとても気に入りました。
デザインもよく、紳士ジャケット型パンフレットがすごく好み。
すいていたけど、バウハウスが好きなら遠出の価値ありです。
残念なのは図録が厚すぎて高すぎること。
ポストカードの種類が少なくて、これがポストカードになっていれば欲しい!
と思うものがなっていないこと
(というより今回の展覧会オリジナルのポストカードは作っていないみたい)。
美術館へ行ったら、全景が写っているポストカードが欲しいのだけど、
オーソドックスなタイプがなかったこと。
と、ミュージアムショップが好みのものを扱っていないのが、残念でしたが、
それ以外はとてもよかったです。
7/10迄。

おまけ

美術館エントランスにあった面白い標識。
ビキニ型もありました。
海が近い美術館ならでは。

|

2011.06.19

横浜美術館『長谷川潔展』へ行ってきました

横浜美術館『長谷川潔展』へ行ってきました
雨の美術館へ出掛けてきました。
薄いピンクベージュのきれいな建物。
長谷川潔と聞いてピンとこなくても、
黒を基調とした銅版画のポストカードを見たことがある方は多いのではないでしょうか。
比較的サッサッと観たつもりだったけど見応えがありすぎて、
ランチ3時近くになりくたくたに。
最初の展示室は素朴な木版や油彩で、あんまり好みではなかったのでパッと観ましたが、
次あたりの展示室から、好みの洪水でした。
技法も着目点も細かいものが好きなのですが、私でも彫れそうな木版画(しつれい!)は遠く彼方へ、
どうやったらここまで…という繊細な銅版画の数々。
下絵や道具の展示もあり、ビュラン(彫る道具)だけでもすごい量。
黒を基調としたマニエール·ノワールという技法の有名な作品以外を知らなかったのですが、
完全主義で7年をかけたというフランス版『かぐや姫』の典雅なこと!
風景や窓辺などの清澄な雰囲気、
クリスマスカードや年賀状の成る程~な可憐なデザインに夢中になりました。
中でも目がハートになったのは、「聖体を受けたる少女」のシリーズ!
お洋服から佇まいから憂いを帯びた表情から、もうとっても好みの清楚な乙女たち。
何回も観に戻りました!
前にも書きましたが、横浜美術館は常設展示がまた凄くて。
マグリットの「王様の美術館」と再会、ダリやデルヴォーの大きい絵、
マン·レイのオブジェ、エルンストのコラージュ、
あのシュールルーム最高。
なんでいつ行ってもすいているんだろう…。
写真室には名前を知らないけど好きな感じの写真や、
有名だけど名前を覚えてない写真(「あ~これ!ここにあるんだあ」で終わってしまう)、
ロトチェンコの写真もありましたよ~。
一応あんまり興味のない展示室も2つほどチラ観して、
恒例のブロンズ見ながら階段を降りて、
ミュージアムショップでお買い物。
いちばん気に入った乙女の絵の入ったポスカブックがあったのが嬉しい。

王様の美術館のポストカードが欲しかったのだけど欠品。
著作権の問題でなかなか刷れないのだとか。
26日までだけど、とってもオススメです。
横浜美術館は広くて監視員さんの目が届かないのか、
絵の前でお喋りに興じる方々が何組も。
携帯で電話する人まで!信じられないわ~と思わず見つめちゃった。
美術館で監視員していたことがあるのだけど、
私だったら絶対!注意したな~。
ちゃんと注意するように厳しく言われていたし。
前までは愛のある苦言はアンケートに書くようにしていたけど、
今はもうそんな若さ、ないみたい。
そこだけ残念ね横浜美術館。
来ている人の意識がたまたま低かったのかな。
私も気をつけようっと。
ミュージアムショップで見つけた美術館ガイドすごくいいです。
書店でも売られています。
こちらもオススメ。

|

2011.06.18

ようこそ王子さま

ようこそ王子さま
この間お話ししたモレスキンの星の王子さま手帳、
わが書斎にやってきました。
まだ用途を決めてないし勿体なくてビニールを剥がせません。
初めはこんなふうに帯が付いてます。
可愛い〜。

|

2011.06.15

ブクログはじめました

世の中にはこんなものがあったのかー。


手元の読書記録帳に書いているのは、面白かったものも全然だったもの(確実にこちらの方が多い)も、
全部、読んだものを記録としてつけていこうと最近再開したものなので、
ブクログには、これまで読んだ中で特に気に入った宝物を紹介するというスタンスでやってみようと思います。
だから評価は星4~5中心。まあ時々3も。
『未読』カテゴリで登録していて、読んでイマイチだったものは本棚から消していきます。
ただ、始めたばかりなので、まだ網羅できていない部分が多々あります。
忘れているものもあるし、作業が追い付かないので、
少しずつ増やしていきたいと思ってます。
レビューもね。
並べ方の関係で登録の日にちを変えたりしていたので(途中で諦めた)まだ来てない日付なんかもあるけど気にしないでください。


カテゴリは私の視点なので、読み方によって変わってくると思います。
例えば、「トーマの心臓」なんかは『正·少年』に入れたかったけど、
寄宿舎ものが大好きなので『寄宿舎』に入れました。
ちなみに『正·少年』とゆうのは、私が思う正しい少年、理想の少年、少年世界で、
『正·少女』もあります。
なんか面白い本ないかなーとか、日々思っていたり、
私の書いたものを読んで世界観が好きと思ってくださったなら、好みの本が見つかるかもしれないので、
良かったら参考にしてみてくださいね。
カテゴリ別に見るのがオススメ(カテゴリを選んで→絞り込み)。
未完成だけどよろしくお願いします。
小説も漫画も画集も混ざってます。


yumilleの本棚http://booklog.jp/users/yumille


| | コメント (0)

2011.06.13

興奮冷めやらぬ【文学フリマ】反省や独り言

今日、荷物が戻ってきて、何冊売り上げたか確認しました。
第8回と第10回の文学フリマの2回が同数で最高の38冊なので、以来それを目標にしています。
こないだの『涙の師走』よりはよかったけれど今回もそれには届かなかったです。
ウ~ン何故なんだろう。
本の種類は増えてるのに、駄目じゃない??
逆に種類が多すぎてよくないのかな。
選ぶの迷っている人多かったし、オススメはどれか、よく聞かれたなあ、そういえば。
(オススメはやっぱりいちばん新しい『清らかな毒草』です。
新しいものほど上達していないといけないよね。)


手元の在庫は、少ないものでは、
『寄宿舎の秘密』はアウトレット1冊のみ、
『十三月がやってくる』は2冊のみとなりました~。
通販が便利で品揃えのよいリュケリさん、探すのが楽しいカオスなタコシェさん、素敵なお店過ぎて緊張する啓祐堂さんにも、
種類によってあったりなかったりだと思います。
よろしくお願いしますね。


文具ではラベルと領収書のセットが人気でした。
あとは図書カードのポストカードの新しい方。
でもポストカード見づらかったみたいね。
ポストカードだって分かりにくかったりしたみたいだし、何回参加しても学ぶことがあるなあ。


印象的だったこととしては、
前に買ってくださった方が、お子さんが小さいからということで、
頼まれたという旦那さまが買いにきてくださったのですけど、
前に来てくださった後に、ご結婚とご出産だったのかな。
おめでとうございます!
そんな人生の一大事を経験された後になっても私の本のこと覚えていてくださったなんて、ありがたいことです。
それから、やっぱり前に買ってくださった方でお母さまにも読んでいただいて、気に入ってくださったという方がいらっしゃいました。
お母さまと趣味が合うの嬉しいですね。
あとは、かなり初期からいらしてくださっていた方で、タコシェさんでも何度かお買い求めいただいている方が、
今回は出す側として参加されていたり、
言いそびれたのだけど、何度か感動的なお手紙をくださった方がしていた指輪は多分私が持っているのとお揃いだった!
(金属アレルギーになっちゃったのでもうできないんだけど…)
パンクなお兄さんは破れた膝から見えたソックスがダイヤ柄ですごく可愛かったなあ。
すごい美人のお姉さまには半分以上見とれてたので変なこと言わなかったか心配。
あと肌のきれいな女の子からすごくいい匂いがして、ドキドキしたりとか…
何かあやしくなってきたのでこの辺でやめておこう。


反省点としては、値段間違えて指摘していただいて気づいたりとか、(だから値札ひとつひとつ貼ってるのにねぇ)、
品物を渡したつもりでいたりとか、
この2点は多分もう治らないね。。
これからも、気をつけます。


あ·と!
この湿気の多い季節に猫っ毛にスプレーして行くの忘れてしまったの。
家でて割りとすぐ気づいたのだけど戻ってる時間まではなくて、
私の髪型なんか誰も見てないし別に何とも思ってないだろうけど、
自分的に、乙·女·失·格!って大きな塊が頭に降ってくるイメージがずっと拭えなくて、
当然、髪、ヘニョヘニョでした。


そうそう、さっき前の記事のお返事コメントしたら、スパム処理されましたっ。
自分のブログでスパム扱いを受ける…情けない話です。
いろんな語句をスパム設定しすぎて一体何が引っ掛かったのかわかりません。
全~然チェックしてなかったけど、
もしかして今後何かコメントくださって表示されない場合があっても、
チェックして読むようにしますので、お気軽にコメントしてくださいね。
ではまた!

| | コメント (8)

2011.06.12

無事終了【文学フリマ】ありがとうございました

本日は、蒸し暑い中、文学フリマへお越しくださいまして、どうもありがとうございました!
今日はお友達のMさんがOPEN準備からお昼過ぎまで手伝ってくれ、
とても心強く、楽でした。
私から見て右側の方が使わない椅子を譲ってくださって、助かりました。
1月の申し込みの段階ではわからなかったので追加椅子申し込まなかったのだけど、次の機会には申し込もうかな。
帰りは、早めに片付け始めたので、のろくて迷惑をお掛けするということも今回はなかったです!
机を共有していた左側の方が椅子を片付けに行ってくださり 、
机も片付けておくのでいいですよ~と言ってくださって、すごく楽でした!
あの椅子、私は1コ持つのが精一杯なのに4ついっぺんに持ってて吃驚。
私もあんな腕力ほしい!
明日から筋トレしよ!
お兄さま方に親切にしていただき、嬉しかったです。
両隣の方ありがとうございました。


売れ行きは、荷物が戻ってきてから数えてみないと何とも言えませんが、
前回の12月の時よりは絶対よかったです。
12月が悪すぎたのですけど、左隣の方も12月の時は売れなくて凹んだ…と仰っていて私だけじゃなかったんだと安心。
きっと師走がよくなかったんだ!
今日は最初に、前に買ったの以外全部くださいという方が2組いらして、
最初の1冊が売れるまでがいつも心配なので有り難かったです。
出だしはよかったのですが、その後Mさんが帰るまで1冊も動かず、このまま終わったりして、とちょっと不安になりました。
でも午後から、売れ始めたのでよかったです。
以前お手紙をくださった方と再会できたり、久しぶりにお会いできた方、
前にも来てくださったと何とか覚えてた方もちらほら(私には人の顔を覚える能力が無い)、
全く初めてでじっくり選んでくださった方、
立ち読みだけでも真剣に読んでくださった方が多くて、
手に取って興味を持ってくださった皆様に御礼申し上げます。
配布本や売り物までくださった方もいらして、お隣のよしみでお買い上げいただいたりもしたし、
私は何も買わなくてスミマセン…。
一応、売りに行った場では買わないという自分ルールをもうけていまして…。
蒲田での開催は今日で最後なのですが、今日がいちばん気楽でした。
次回の文学フリマは11月3日、東京流通センターで開催されますが、私は参加未定です。
どちらかと言えば参加しない方向です。
新刊もないですしね。
今日も新刊について聞かれたりしたのですが、新刊はしばらく出ないと思います。
何故なら、『清らかな毒草』を書き終えてから1年くらいになりますが、何も書いてないのです。
構想や、こんな表紙で!って考えてあるものはいくつかあるのですが、
自作して売るという形式にちょっとギモンを感じたり、
そもそもどうしてなのか書けないので作れない…。
書きたいものがあり、読みたいと思ってくださる人がいる限りは、
書くのをやめるつもりはありませんが、しばらくは難しそう。
もしもまた新刊が出たアカツキにはどうぞよろしくお願いいたします。


ではでは、本日はありがとうございました。
お疲れ様でした!


よかったら是非、本のご感想を、コメント欄にお寄せください。

| | コメント (5)

2011.06.10

もうすぐ【文学フリマ】6/12(日)

もうすぐ【文学フリマ】6/12(日)
6/12(日)に開催される文学フリマでは、いろいろとイベントもあるようで、
早稲田文学さんでは東日本大震災チャリティー販売·サイン会
終了後の大交流会(有料)では、大塚英志氏×市川真人氏によるトークセッションが開かれます。
興味のある方はチェックしてみてください。
(ちなみに私は交流会には参加しません~。
一人でやっているので、終わると結構疲れてしまうものですから…。)


画像は、配布物と文具雑貨です。
配布物は100枚弱、チラシ置き場と、mille-feuilleブース(C-17)に置きます。
写っている部分+見開き1ページ分の試し読み版です。葉書サイズ。
ご自由にお持ちください。


文房具は、左が古領収書と復刻ラベルを1枚ずつグラシン封筒に入れたセット。
領収書は古いと言っても1970年くらいのもので、白と水色があります。
手作り復刻ラベルは青、赤、銀の3色。
色の組み合わせはランダムなので、お好きなものをお選びください。
右はカッコイイ形のドイツの古いペン先(未使用)を見つけたので、
ペン先スタンプを押したグラシン封筒に入れてご提供します。
合うペン軸を探すのが難しいかもしれないので、実用というより面白パーツとして楽しんでいただけたらと思います。


そうそう、それから、お取り扱いが終わったちょうちょぼっこさんから、
今日残った在庫が届いたので、
手元にはもう残っていなかった愛蔵版「悪魔の花束」を持っていこうと思います。
チュールレースとベルベットリボン仕様で、
タコシェさんや啓祐堂さんやリュケリさんにももうなかったと思うので、
気になっている方は是非どうぞ。
在庫は3冊です。


~お待ちしています!~
◆第12回 文学フリマ
◇2011年6月12日(日)
◇11:00~17:00
◇入場無料
◇文学フリマカタログ無料配布あり(なくなり次第終了)
◇大田区産業プラザPiO
■京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩3分
東口を出てすぐに右折、踏切を渡りひとつ目の信号、左手の建物です。
◇参加名…mille-feuille
◇ブース…C-17
サークルリスト

|

2011.06.08

文房具お買い物いろいろ

文房具お買い物いろいろ
風邪の間ずっと、どうか売り切れませんように…!とお祈りしていたモレスキンの『星の王子さま』ノートをやっと1冊入手しました!
画像の飛んでる王子さまの表紙のものは中が横罫で、ラージサイズとポケットサイズの2種類。
星に佇む王子さまの表紙のものは中が無地で、ラージサイズとポケットサイズの2種類。
つまり全部で4種類あります。
モレスキンお値段可愛くないのにこんなに可愛いの出しちゃって馬鹿馬鹿!と嬉しい悲鳴です。
もうひとつの表紙の方がより可愛いし無地だしで人気らしく、
小さい方がお買い求めやすいせいか、お店に残っていたのは画像の種類のみ。
でもすかさず調べてもらって、無地のラージ&ポケットサイズを入手できることになりました。
ヤッター!
先月からの限定発売でネットではもう難しいようですが、
気になる人は、文具店や大型書店に急いでみてくださいね。
ちなみにわたしは、支店の多い書店で持っているお店を調べてもらって、お取り寄せをお願いしました。
開いたところも可愛いのだ。

で、モレスキン好きなんだけど、万年筆だと滲むし裏写りするので普通のペンしか使えないのが残念…と常々思っていたので、今回調べてみました。
結果、セーラーから出ている『青墨』は滲まないし裏写りもしないとのこと。
『青墨』は前から欲しかった!と思って買ってきました。
まだ試していないのですが、超微粒子顔料インク〈ナノインク〉だからそういった問題が解決されるらしいです。
同じシリーズの『極黒』も同様のようです。
名前もよいしセーラー最高!
モレスキンに幸あれ!
横罫ラージサイズは来年のスケジュール帳にする予定。
自分で日付やらバーチカルページやらを書かねばならないのは、途中で飽きそうですが、王子さまのためなら頑張ろうっと。
画像のもう1冊の三つ鍵のモレスキンは、ART & SCIENCEという代官山のお店で昔買いました。
お店のマークを金で刻印したオリジナル。
今は書いたり貼ったり思い付き帳と化しています。お気に入り。

そうそう、その後の読書記録帳ですが、前に用意したのはやめて、ミドリのMDノートを使っています。
書くことにこだわったノートという謳い文句に嘘偽りは無いですね。
何この書きやすさわ!と吃驚。
原稿用紙のような方眼の通りに文字を埋めているのですが、方眼無視して書いた方が格好よかったかも。
ま、これはこれで可愛らしいからいっか。今更変えられないし。
この書きやすいMDノートは方眼のほかに無地、横罫があり、サイズもいろいろあって、おまけに革の専用カバーまであるし、強い心で挑まなければ選べません。
ミドリと言えば、真鍮シリーズも渋くて大好き。
特にボールペンは弾丸のようなフォルムがカッコイイ上にペン先が細くて書きやすくしかも油性。
クリップもありそうでなかったクラシカルなインデックスがニクイ。
ただ両方とも触った後は手が真鍮くさくなります…!
今はこのペンケースが欲しい…赤か黒かで迷っています。
文房具は愉しいなあ。


文房具に現を抜かしながらも文学フリマの準備もちゃくちゃくとしています。
昨日、本は宅配便で搬入したから残りの配布物30枚と戦えば終わりです。
あとは微熱が下がって咳が止まって声が治れば完璧。
日曜日、お待ちしています!
◆第12回 文学フリマ
◇2011年6月12日(日)
◇11:00〜17:00
◇入場無料*
◇文学フリマカタログ無料配布あり(なくなり次第終了)*
*印…毎回そうなのでおそらく。
◇大田区産業プラザPiO
■京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩3分
東口を出てすぐに右折、踏切を渡りひとつ目の信号、左手の建物です。
◇参加名…mille-feuille
◇ブース…C-17
サークルリスト
著名作家さんたちのサイン会もあるようです。
詳しくは文学フリマHPをご覧ください。

|

2011.06.03

風邪その後とオススメ

風邪その後とオススメ
風邪はだいぶよくなりましたー。
今日もう1度病院に行ってきたので、これで治ると思います。


まだ先なんですけど、樋上公実子さんと高田美苗さんの素敵な二人展のDMがあんまり可愛いのでご紹介。
是非、夏の楽しみのひとつにしてください。
ご希望の方には文学フリマの時にこちらのDMお渡ししようかと思います。
何枚かあるので!
お気軽にお声掛けくださいね。


文学フリマでの配布物は病院の帰りにコピーしてきました。
切ったり折ったりの作業やほかの準備はまだですが、これで何とかなりそう!
それと、食欲がなくて痩せたし、安静にしていたら膝が治った!(こういうのも怪我の功名と言えるのかしら~。)
これで風邪が治ればまた走れる!
今度は15分週2くらいにしておこうかな。
坂は上下とも歩いて…と。
そわそわ。
あ、でも今日は晴れだったけど梅雨なんでした!


~お待ちしています~
◆第12回 文学フリマ
◇2011年6月12日(日)
◇11:00~17:00
◇入場無料*
◇文学フリマカタログ無料配布あり(なくなり次第終了)*
*印…毎回そうなのでおそらく。
◇大田区産業プラザPiO
■京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩3分
東口を出てすぐに右折、踏切を渡りひとつ目の信号、左手の建物です。
◇参加名…mille-feuille
◇ブース…C-17
サークルリスト

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »