« 無事終了【文学フリマ】ありがとうございました | トップページ | ブクログはじめました »

2011.06.13

興奮冷めやらぬ【文学フリマ】反省や独り言

今日、荷物が戻ってきて、何冊売り上げたか確認しました。
第8回と第10回の文学フリマの2回が同数で最高の38冊なので、以来それを目標にしています。
こないだの『涙の師走』よりはよかったけれど今回もそれには届かなかったです。
ウ~ン何故なんだろう。
本の種類は増えてるのに、駄目じゃない??
逆に種類が多すぎてよくないのかな。
選ぶの迷っている人多かったし、オススメはどれか、よく聞かれたなあ、そういえば。
(オススメはやっぱりいちばん新しい『清らかな毒草』です。
新しいものほど上達していないといけないよね。)


手元の在庫は、少ないものでは、
『寄宿舎の秘密』はアウトレット1冊のみ、
『十三月がやってくる』は2冊のみとなりました~。
通販が便利で品揃えのよいリュケリさん、探すのが楽しいカオスなタコシェさん、素敵なお店過ぎて緊張する啓祐堂さんにも、
種類によってあったりなかったりだと思います。
よろしくお願いしますね。


文具ではラベルと領収書のセットが人気でした。
あとは図書カードのポストカードの新しい方。
でもポストカード見づらかったみたいね。
ポストカードだって分かりにくかったりしたみたいだし、何回参加しても学ぶことがあるなあ。


印象的だったこととしては、
前に買ってくださった方が、お子さんが小さいからということで、
頼まれたという旦那さまが買いにきてくださったのですけど、
前に来てくださった後に、ご結婚とご出産だったのかな。
おめでとうございます!
そんな人生の一大事を経験された後になっても私の本のこと覚えていてくださったなんて、ありがたいことです。
それから、やっぱり前に買ってくださった方でお母さまにも読んでいただいて、気に入ってくださったという方がいらっしゃいました。
お母さまと趣味が合うの嬉しいですね。
あとは、かなり初期からいらしてくださっていた方で、タコシェさんでも何度かお買い求めいただいている方が、
今回は出す側として参加されていたり、
言いそびれたのだけど、何度か感動的なお手紙をくださった方がしていた指輪は多分私が持っているのとお揃いだった!
(金属アレルギーになっちゃったのでもうできないんだけど…)
パンクなお兄さんは破れた膝から見えたソックスがダイヤ柄ですごく可愛かったなあ。
すごい美人のお姉さまには半分以上見とれてたので変なこと言わなかったか心配。
あと肌のきれいな女の子からすごくいい匂いがして、ドキドキしたりとか…
何かあやしくなってきたのでこの辺でやめておこう。


反省点としては、値段間違えて指摘していただいて気づいたりとか、(だから値札ひとつひとつ貼ってるのにねぇ)、
品物を渡したつもりでいたりとか、
この2点は多分もう治らないね。。
これからも、気をつけます。


あ·と!
この湿気の多い季節に猫っ毛にスプレーして行くの忘れてしまったの。
家でて割りとすぐ気づいたのだけど戻ってる時間まではなくて、
私の髪型なんか誰も見てないし別に何とも思ってないだろうけど、
自分的に、乙·女·失·格!って大きな塊が頭に降ってくるイメージがずっと拭えなくて、
当然、髪、ヘニョヘニョでした。


そうそう、さっき前の記事のお返事コメントしたら、スパム処理されましたっ。
自分のブログでスパム扱いを受ける…情けない話です。
いろんな語句をスパム設定しすぎて一体何が引っ掛かったのかわかりません。
全~然チェックしてなかったけど、
もしかして今後何かコメントくださって表示されない場合があっても、
チェックして読むようにしますので、お気軽にコメントしてくださいね。
ではまた!

|

« 無事終了【文学フリマ】ありがとうございました | トップページ | ブクログはじめました »

コメント

ミルフィーユ様、こんばんは
文学フリマで「寄宿舎の秘密」と、少女工房展の絵葉書を頂いてしまった、ふじ乃と申します。以前「蜂蜜猫」さんのお隣にいらした時も「ありそうでない素敵な世界だなぁ☆」と観ておりましたが、宝物みたいな綺麗な本、美意識がビシビシ伝わってきて持っているだけで嬉しいです。読むのも楽しみ。。拝読したら感想など送らせていただきます。私も歴史小説などで参加しています。基本和モノですが、竹宮恵子の「風と木の詩」のコアファンでミルフィーユさまの世界もそれに近い感じで大好きです。これからも素敵な作品楽しみにしています。。。ではでは~

投稿: ふじ乃波奈 | 2011.06.14 19:54

ふじ乃波奈さま
書き込みありがとうございます。
もしかして修道院つきの女子校に通っていたと仰っていた方ですか?(違っていたらゴメンナサイ!)
「風と木の詩」は私も好きですよ。
ジルベールが可哀想なのがつらいのですけど。
ご自身のお好きなたいせつな作品に近いなどとお誉めいただいて勿体無い気がします。
出展者さんだったのですね!
またの機会、楽しみにしています。
ご感想お待ちしております。

投稿: mille-feuille | 2011.06.14 22:01

ミルフィーユさま

そうです!槍のような鉄柵に囲われたミッションスクールに12年間通っていました。もう30年以上昔のお話ですが。
「少女革命ウテナ」も好きです。

私も次お会いできるのを楽しみにしております。

投稿: ふじ乃波奈 | 2011.06.15 14:41

やっぱり!あの時のとてもお綺麗なお姉さまでしたか。
槍の鉄柵!よいですね。(30年以上昔?!(・_・)エッ......?)
ウテナは読んだことないのですが気になってはいました。
チェックしてみますね!

投稿: mille-feuille | 2011.06.15 22:22

こんばんは。『乙女とギタリスト』を購入した者です。
金髪で破れ目いっぱいのボトムスの下にダイヤ柄のソックス(実はタイツなんですけど)を穿いてました。服装の細かい部分を見て下さっていて嬉しいです。さすが、と云うべきでしょうか。

ご本、ほんとに綺麗で手に取る度に頬が弛みます(怪しい人のようです)。
内容と媒体の形(装丁や紙、インク等も含めて)がすごく合っていて、本として読むのも、オブジェクトとして見るのも楽しいです。
余裕のある時に委託先のお店にも行ってみたくなりました。
当日はかなり迷った末に選んだのですが、やっぱり他のも欲しいなあ、と。

そしてブクログに鳩山郁子氏や長野まゆみ氏の作品があるのを見てなんだか深く納得した気分になりました。

では、また機会がありましたら、ぜひ。

投稿: シダタクマ | 2011.06.16 04:04

シダタクマさま
こんにちは!ご来訪ありがとうございます。
タイツだったんですね!ダイヤ柄はいいですよね~。
『乙ギタ』気に入っていただけて嬉しいです。
頑張って黒×銀にしてよかった。
印刷所ではメタルカラーを乾かすのにちょっと手間暇掛かったみたいですよ。
ほかの作品も是非!
オススメは『清らかな毒草』です。
訪れるなら啓祐堂さんが、お好みの感じではないかと思います。
高輪台駅から3分くらいのところにあります。(休廊日に要注意。)
でも啓祐堂さんには『清らか~』まだ納品していないので(直接納品なのでなかなか行かれない…)、通販ならリュケリさんが便利です。
余裕のある時にどうぞよろしくお願いいたします。
長野さんは特に初期、鳩山さんは全て持っています^ ^
またの機会、楽しみにしていますね!

投稿: mille-feuille | 2011.06.16 14:56

ふじ乃波奈です。「寄宿舎の秘密」読みました・・・とてもおもしろかったです。

まず小説として完成されていると思います。文フリで今まで出会った中で、人を楽しませると言う意味で、一番小説らしいと思いました。(参加は4回目ですが実は他の方の作品を手に取るとこがあまり無く、偉そうなことはいえませんが・・・)

中学生の頃、気に入りだった「ベリー公の華麗なる時祷書」を思わせる世界。上品で猛々しいところが少しも無い、書割のような世界にすぐ入ることが出来ました。
設定は現代的なアニメにもありそうなのに、内容はバーネットの古典小説のように気品があり、プラス、セクシーなスパイス(コルセットに象徴される)もあって素敵ですね。

散りばめられた言葉、乙女、吟遊詩人、薔薇窓、グズべリーなど、ミルフィーユさまの美意識がどういうものか、一作品だけしか読ませていただいてませんが、とてもよく伝わってきました。

又、お目にかかるのを楽しみにしています。ではでは~~

投稿: ふじ乃波奈 | 2011.06.29 12:18

ふじ乃波奈さま
遅くなりました、ご感想ありがとうございます!
気に入っていただけたようで、古典にまでなぞらえてお褒めいただき 嬉しいです。
「ベリー公の~」は知らないので、調べて読んでみたいです。
ウテナも読んでみました。
アニメあまり詳しくないのですが、
「王子になりたい」ということだけは高原英理さんの評論で知っていました。
やっぱりそこに激しく共感しました。
ではでは、またお目にかかれるのを楽しみにしてます!

投稿: mille-feuille | 2011.07.04 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事終了【文学フリマ】ありがとうございました | トップページ | ブクログはじめました »