« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011.10.27

【オススメ】カキモリのオーダーノート

表紙

(カキモリのロゴを右下に刻印してくれるんだけど、個人的にはこれはイラナイ。
知っていたらせめて裏にしてもらったのになー。)

すこし前になりますが、都内、蔵前にあります、カキモリという文具屋さんで、オリジナルノートを作ってきました。


ノートのサイズはB5かB6、タテヨコ自由。
わたしは小さめのB6タテで作ることにしました。

まずは表紙選び。
いろんな色の革もあり、きれいで上品でとても惹かれたけれど、1枚800円なこともあり、今回は紙にしました。
紙は種類によりますが200円前後。
黒に金がまぶされたようなメタルな質感のものを選びました!

次に、紙を留めるリングです。
リングノートって書く時に手が当たって書きづらいのがイヤなので、
上下、部分的に付けられるタイプを選択しました。
上下で色を分けることにし、銅×黒に決定。

ノートを留めるバンドなども選ぶことができます。
玉紐留めタイプがいじょーに好きなので、そちらを選択。
留める玉と紐の色は、とても悩んで、茶と黒にしました。
本当は赤の革の玉にしたかったのだけど、金黒の表紙に合わせるとお正月っぽいおめでたーい感じになってしまうような気がして…。

中に挟む紙を、ツルツルした白無地と横罫、クリーム色の書籍用紙…と、選んだあと、
色紙や変わった紙もあることが発覚…!
挿し色などしたら素敵!と、夢と選択肢が広がってしまいました。

ひらめいて、前後1、2ページを金の紙とお菓子の紙で挟むことにしました。
遊び紙みたいな感じで!
遊び紙

白無地、挿し色オペラピンク、薄ピンク、挿し色その2ターコイズブルー、クリーム無地、白横罫の順にしました。
挿し色1
挿し色2

裏表紙に別の色の紙は?!と気づいて、キラキラの入った赤を選びました。
裏表紙

挟む紙の順番も全て希望を聞いていただけるので、考えることが多すぎて、一汗かきました。
ぜーんぶ、自分で考えて、選んで、決めて!
そういうの大好き。
決めてしまえば、その場で10分くらいで作ってもらえて、1350円でした。
わたしばっかりあーだこーだと注文が多くて、お手数をかけてしまったけど、とても満足のいくものが出来て、
お店の方にも、「カッコイイですね!!」と言われてゴキゲンです。

使うのがもったいない…!
持っているだけでもいい気分だし、何に使おうかなーと考えるのも楽しい♪
使い終わったら、お店に持っていけば、中の紙を入れ替えることもできるのだそうです。
革の表紙にした時なんかは、それもいいかも!
皆さまも是非、お好みの一冊を作ってみてはいかがでしょうか〜。


(おまけ…隅田川沿いでキッシュを食べました!)
キッシュ

| | コメント (0)

2011.10.23

旅に出てきました

旅に出てきました

(ステンドグラスの光りが零れる教会。
撮影可でうれしい。)


西の方に行ってきました。
生憎の空模様でしたが、思ったほど降られなくてよかったです。
晴れ間が見えたこともありました。

旅に出てきました
鳥のように見えるのはボートです。


またしても紙を買いました。
紙屋さんだけで2時間いました…。
傘もあるのに筒状の荷物、つ、つらいです。
(ただいま帰り道。)
これで封筒作るから!
来年の展示即売会に出します、たぶん。
入手先は秘密なのです。
どうしても知りたい方は、即売会の機会に会いに来て、直接聞いて、ね。

| | コメント (0)

2011.10.19

【オススメ】山下陽子「香水夜話」展

【オススメ】山下陽子「香水夜話」展

(右が今回のDM 、左がアリスの本。)

すこし前のお話しになりますが、恵比寿で開かれている山下陽子さんの個展に出掛けました。
とっっっても素敵で、美しいものがとにかく好きな人には、絶対行ってほしい。
何年も追いかけてる作家さんですが、その硬質で繊細な作品群には、いつも背筋を正される気がします。


今回の新作は、香水をテーマにした、小さな函に詰められたオブジェと、コラージュの銅版画です。
これまでの銅版画もありますし、ポストカードやご本も。
ご本は全部持ってますけど、オススメはアリスのです!
個展は殆ど観に行っていますが、この時だけ行かれなくて今でも悔やまれます。
本になってくれてヨカッタ!!


会場となっているギャラリーLIBRAIRIE 6さんの雰囲気がまた大好きな空間で、山下さんの作品にとても合っています。ここだけ別世界。
広くはないですが、手前がギャラリースペース、奥が古書やアンティーク小物の販売スペースになっています。
奥の販売スペースに置かれた昆虫採集用の引き出しがまたカッコよくて、中にもいろんな人の作品が入ってます。
ひとつひとつ引き出して、見ていいの!


店主さんは、前に啓祐堂さんと恵文社さんでポストカードを買ったことのある佐々木聖さんと仰る作家さんと同一人物で、吃驚しました。
(月)(火)休廊で、11/6まで。
アパートメントの一室に隠れ家みたいにあって、そこもよいです。

道案内…
1、JR 恵比寿駅 西口下車。
西口改札を左側に出ます。
外に出る時もまた、左方向へ。
2、ポストの角を右へ。
3、タクシー乗り場と紀伊國屋ビルの間の道を左方向に。
ローソンとファミリーマートを越えてそのまま歩きます。坂道です。
4、左手に、看板が出ています。ルソレイユという建物です。
階段を上ります。
3階ですので臆せず上ってください。
5、何室かお店になっています。302号室です。

OPEN 時間に気をつけて、いってらっしゃいませ!

| | コメント (0)

2011.10.16

【Lykkelig】新作ポストカード2種 入荷!


【Lykkelig】新作ポストカード2種  入荷!

昨日のAlamode Market でも人気がありました、時計のポストカード2種類が、金沢のLykkelig(リュケリ)さんに入荷しました。

【Lykkelig】新作ポストカード2種  入荷!

時計の針を使った通常のポストカードは、番号で好きな針を選ぶ、架空の時計屋さんのディスプレイをイメージしています。
ローマ数字が銀、針が黒と金、宛名面は銅のインクで。
耳つきの紙は、古い紙のように見える、生成を使っています。

【Lykkelig】新作ポストカード2種  入荷!

mille-feuille 初のニューイヤーカードは、金×銀の時計の針で王冠の形をイメージ。
黒の M M ⅩⅡは、ローマ数字で2012を表しています。
宛名面は共通です。
こちらの耳つきの紙は、お正月らしく真っ白を選びました。
大事な年の始まりに使っていただけたら光栄です。
ニューイヤーカードはリュケリさんにある10枚で終了です。


◆時計の針のポストカード
◆ニューイヤーカード2012
◇1枚210円

◆Lykkelig web Shop *upまですこしお待ちください。
mille-feuille 文具
mille-feuille 本

| | コメント (0)

【Alamode Market 16】無事終了しました!

本日は強い風と降ったり止んだりの雨の中、お越しくださいましてどうもありがとうございました!
お楽しみいただけましたしょうか?
わたしはとても楽しかったです。


Alamode Market の参加は久しぶりだったのですが、いつも来てくださりホッとさせられる方や、
文学フリマで見掛けたことがあると仰る方、
出展している方で以前も今回もご購入くださった方、
破れカーデとコサージュがアラモに合っていたお兄さま、
睫毛に着けた羽根がとてもお似合いだったお姉さま、
そして初めての方々、
興味を持って手に取ってくださった皆さまに御礼申し上げます。
イベントを続けてくださるスタッフさんたちにも感謝を…!


今回は、Alamode Market ではめずらしく本がいちばん売れたような気がします。
(月)に荷物が届いてから在庫確認をしてみないとはっきり分かりませんが、
いつもアラモではそんなに本は売れないので、ちょっとびっくり。嬉しいです。
という訳で、


「寄宿舎の秘密」
「十三月がやってくる」


が完売しました。
どうもありがとうございました!
完売と言っても、わたしの手元の在庫のことなので、取り扱いいただいている
Lykkeligさん、タコシェさん、
書肆 啓祐堂さんに残っているものがあれば、入手できるものもあるかと思います。
気になる方はどうぞよろしくお願いいたします。


新・旧 問わず、ポストカードもおおむね好評でした。
意外だったのはレターセットの人気があまりなかったこと。
今回は、何が人気なのか完全に読み違えたというか、読めなかったというか…。
やっぱり、いろんなものをまんべんなく持っていかないといけませんね(今回は持っていく本を減らしたのです)。
とはいえ、次回の参加になるであろう、来年春の文学フリマには、本のみで勝負しようかなあとも考えております。
展示即売会によってテーマを決めて出品物を絞ろうかなと。
まだまだ先のことで分かりませんが、いろいろ考えさせられる今日のアラモなのでした。


ではではそろそろ休もうと思います。
ニューイヤーカードについて近々更新しますので、また読みにいらしてください。
オヤスミナサイ…!

(おまけ…一緒に参加したCOPPELIA さんと帰りにカボチャのプリンで乾杯!)
【Alamode Market 16】無事終了しました!

| | コメント (3)

2011.10.13

【Alamode Market 16】いよいよあさって!

【Alamode Market 16】いよいよあさって!

(復刻ラベル3色も追加で持っていくことにしました。)

あさって、10/15(土)12:30〜18:00、川崎市産業振興会館4Fで、
ゴシック&ロリータ展示即売会「Alamode Market」 が 開かれます。
わたくしは、お友達のCOPPELIA さんと一緒に久々に出展します。
これまでの本、レターセット、新しいポストカードなどを出品いたしますので、是非遊びにいらしてくださいね!

前に、王子ぽい格好で行こうかなーとちらと書いたのですが、久しぶりに素敵なふんわりスカートを買ったので、王子は却下!
おにうのスカートをアラモでおろします。
ふんわりスカートに合いそうな靴で行くので、例の靴も封印を解けそうもありません。

それから、たびたび書いてることですが、もう一度。
以前、お話ししたことのある方は、是非、最初にお名前を仰ってください〜。
わたし、顔を覚えるのが苦手らしく、言っていただかないと、気づけないことが多くて…スミマセン。
努力はしてるんだ…!
でも自信がないものだから、たぶんこの人あの人!と思っても間違ってたら大変と思うと、なかなか言えないのです。
特に女の子は、お化粧や服装や髪型で、変わるし…まあ変わらなくても分からないのだけど…。
印象に残らないとかでは決してなく、ただただわたしの脳の機能の問題です。
その代わり?お名前は覚えてます。
記憶力は決して悪くはないのです。
名誉のために言っておきますと、地図なんかは得意です。だいたい迷わず行けるし、一度行けば1年後だろうが5年後だろうが迷いません。
ただ顔だけがちょっと…。
日常生活の上で、1年に1度くらいしかお会いしない方とか、ずっーと前に一度だけお会いした方とか、覚えていてくださることがあるけれど、あれはどうやってるのでしょうか??
嬉しいものですよね、わたしもそういう風にしたいのだけど…。
よく、たまーにしか行かない、見るだけのお洋服屋さんのおねえさんとかにも、こんにちは!とか(お店の中で)言われるのだけど、誰!?状態で困ります。
これはあまり言いたくないことだけど…、ご近所さんなんかも、定位置?にいてもらわないとわかりません。
おうちの前で掃き掃除をしているとか、車を出そうとしているとか、自転車に空気入れているとか、その家の人だとわかることを家の近くでしていてもらわないと!困りますよ本当!
道で会ってもまずわからないので、挨拶したものかどうか、たぶんご近所さんだ挨拶しとこ、と思ってしたら違ったらしく怪訝な顔をされたり…。
家から出てきたので間違いないと思って挨拶したら、宅急便の人だったりお客さんだっりしたらしく、無視されたことも一度や二度ではない…。
…そういうわけで、大変失礼ですが、ご協力?お願いします。

ではでは、楽しみにお待ちしております♪

◆Alamode Market 16
◇2011.10.15(土) 12:30〜18:00
◇川崎市産業振興会館 4F (JR 川崎駅より徒歩約8分)
◇入場料…500円
◇参加名…mille-feuille + COPPELIA
◇スペース…21.22
◇道案内…
1. JR 川崎駅の改札を出て左へ。
2. ラゾーナ川崎の入り口手前、右側に、ソリッドスクエアと書かれた青い案内板が。
そこのエスカレーターを下ります。
3. そのまましばらくまっすぐ歩きます。早足で7、8分。
4. 左手に、お店の名前がたくさん載っている看板が見えたら、そこがソリッドスクエア。
川崎市産業振興会館はその隣なので、もう少し歩きます。
5. 川崎市産業振興会館と書かれたビルが会場です。
4階です。
入り口を入って突き当たりにエレベーターがあります。

| | コメント (0)

2011.10.09

【Alamode Market 16】出品物

【Alamode Market 16】出品物
(おうちで並べ方をリハした様子。)

10/15のAlamode Market に持っていくものを決めました。

◆新作
◇ポストカード「人体」150円
◇ポストカード「時計の針」200円
◇ニューイヤーカード「2012」200円

◆レターセット
◇「白鳥と黒鳥」(便箋4、封筒2)500円
◇古い封筒入り「1920's領収書」(便箋8、封筒2、ラベル2)1000円
◇「柄入りグラシン」(便箋4、封筒2)450円*
◇石の刻印「コルセット」(便箋4、封筒2)450円*
◇石の刻印「トゥシューズ」(便箋6、封筒3)600円*

◆便箋
◇リボンの原稿用紙(10枚入り)400円

◆ポストカード
◇「辞書時計」200円
◇新「図書カード」150円
◇旧「図書カード」120円
◇「十三月がやってくる」120円
◇「乙女とギタリスト」120円
◇「寄宿舎の秘密」120円
◇「さくらトランプ」150円
◇「人喰い薔薇」120円
◇「石の刻印」120円

◆ラベル
◇石の刻印「ダイヤモンド」(7枚入り)200円

◆本
◇「清らかな毒草」630円
◇「十三月がやってくる」630円**
◇「乙女とギタリスト」520円
◇「寄宿舎の秘密」アウトレット300円*
◇「人形院」520円

◆本とポストカードセット
◇ドイツの薬屋さん袋入り「『十三月がやってくる』本とポストカード2色セット」870円**

*……残1
**…残2

手紙用品作りに使用した石の刻印を飾ります。
よくご質問いただきますが、非売品です。
手を痛めたのと、本作りに力を入れたいため、今後の製作・販売の予定はありません。スミマセン…。

楽しみです!


◆Alamode Market 16
◇2011.10.15(土) 12:30〜18:00
◇川崎市産業振興会館4F(JR 川崎駅より徒歩約8分)
◇入場料…500円
◇参加名…mille-feuille + COPPELIA
◇スペース…21.22
◇道案内…
1. JR 川崎駅の改札を出て左へ。
2. ラゾーナ川崎の入り口手前、右側に、ソリッドスクエアと書かれた青い案内板が。
そこのエスカレーターを下ります。
3. そのまましばらくまっすぐ歩きます。早足で7、8分。
4. 左手に、お店の名前がたくさん載っている看板が見えたら、そこがソリッドスクエア。
川崎市産業振興会館はその隣なので、もう少し歩きます。
5. 川崎市産業振興会館と書かれたビルが会場です。
4階です。
入り口を入って突き当たりにエレベーターがあります。

| | コメント (4)

2011.10.06

【Alamode Market 16】スペース決定!

【Alamode Market 16】スペース決定!


来る10/15(土)に参加しますAlamode Market 16のスペースが21.22に決まりました!
受付のある入り口を入って、左の方です。

いよいよ来週ですね。
これからリハして、送るか持っていくかなど考えます。
名刺が切れたので、間に合えば新しいの作りたいけど…。
今回は久しぶりに芳名帳を出します。
新しい本が出来た時にはDM葉書、ご希望の方には2012年の年賀状もお送りします。
差し支えのない範囲でご記帳いただければと思います。


◆Alamode Market 16
◇2011.10.15(土) 12:30〜18:00
◇川崎市産業振興会館(JR 川崎駅より徒歩約8分)
◇入場料…500円
◇参加名…mille-feuille + COPPELIA
◇スペース…21.22
◇道案内…
1. JR 川崎駅の改札を出て左へ。
2. ラゾーナ川崎の入り口手前、右側に、ソリッドスクエアと書かれた青い案内板が。
そこのエスカレーターを下ります。
3. そのまましばらくまっすぐ歩きます。早足で7、8分。
4. 左手に、お店の名前がたくさん載っている看板が見えたら、そこがソリッドスクエア。
川崎市産業振興会館はその隣なので、もう少し歩きます。
5. 川崎市産業振興会館と書かれたビルが会場です。
確か、いつも4階だったと思います。
入り口を入って突き当たりにエレベーターがあります。

| | コメント (0)

2011.10.02

【新作】ポストカード2種

【新作】ポストカード2種

Alamode Market に出品する、新しいポストカードが出来ました!

ポストカードひとつめは、初の年賀状。(左下)
年始しか使えない年賀状は、余ると悲しいことになるので、少なめに制作しました。
金×銀の時計の針で王冠の形をイメージ、黒の M M ⅩⅡは、ローマ数字で2012を表しています。
宛名面は銅のインクで。(左上)
耳つきの紙、お正月らしく真っ白を選びました。
真っ白の紙だとインクの発色がくっきりしています。

ふたつめは、同じく時計の針を使った、通常のポストカード。(右)
数字は順番にⅠⅡⅢⅣⅤⅥⅦⅧ
とすると似たような表記が並ぶので、
違う文字になるようⅠⅡⅢⅣⅦⅧⅨⅩにしました。
M M ⅩⅡのような意味はありませんが、番号で好きな針を選ぶ、架空の時計屋さんのディスプレイをイメージしています。
こちらはローマ数字が銀、針が黒と金、宛名面は年賀状と同じ柄で、銅です。
こちらも耳つき、古い紙のように見える、生成の紙を使っています。

両方とも一枚ずつ手刷りしています。
是非、見にいらしてください。
よろしくお願いいたします。

◆ニューイヤーカード2012
◆時計の針のポストカード
◇1枚200円

◆Alamode Market 16
◇2011.10.15(土) 12:30〜18:00
◇川崎市産業振興会館(JR 川崎駅より徒歩約10分)
◇入場料500円

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »