« 5/7まで【MOUNT ZINE × 代官山蔦屋書店】行ってきました! | トップページ | 5/6(日)【文学フリマ】出品物2 »

2012.05.02

5/6(日)【文学フリマ・1階/E-12】出品物

5/6(日)【文学フリマ】出品物
来る5/6(日)、第十四回文学フリマに参加します!
場所は東京流通センター。
mille-feuilleは1階のE-12。
入り口から右の方です。


短編小説「灰狼」を発売するほか、
これまでの本で在庫が手元にあるものを出品します。
今回は本で勝負、ポストカードなど手紙用品の出品はありませんが、
文学オブジェ的なちいさいものを製作中です。
昨日Twitterに画像を載せてみました。
後日、こちらでもご紹介したいと思います。


2階の見本誌コーナーで新刊を自由にご覧いただけます。
サークル名とスペースNo. を書いた付箋を付けましたので、剥がして付箋をお持ちくださいね。
付箋

チラシ置き場には、新刊案内、今年の活動、取り扱いショップなどを記載したチラシを置きます。
ご自由にお持ちください。


【参加サークルの皆様へ】
単独参加なので、ほかのサークルさんを見て回ることができません。
興味をお持ちいただいた方には自分で応対したいなと思っているので交代もせず、休み時間も取りません。
今回は準備も一人でする予定ですので、始まる前にもご挨拶に行けないかもしれません…スミマセン。

【皆様へ】
毎度のことですが、顔を覚えるのが苦手なので、以前お会いしたことのある方は、どうか最初にお名前を仰ってくださいね。
よろしくお願いします!


【出品物】

◆灰狼(はいおおかみ)

お祈り
夜ごと、美女ばかりが集うホテル・バートラムの最上階。
或る夜、夜会の女王・灰狼のもとを、遊び馴れした女たちと毛色の違う少女が訪れる。
もうひとりの女王・狩人の思惑とは…。
殿方禁制の世界で、刺激的できらびやかなドレスの衣擦れをご堪能ください。

◇短編小説
◇48頁
◇文庫判
◇封入特典:お祈りカード
◇500円


↓下記の本の画像はこちらを参考にしてください。

◆清らかな毒草

雨の似合う灰色の博物館に、長年住み込みで働いている「私」。
標本師である弟は、博物館のドーム部屋から古びたタイプライターを追いやり、骨格標本を陳列し始める。
弟がやってきた時から崩れ出す、「私」と博物館の均衡。
静謐で烈しい短編小説。

◇短編小説
◇40頁
◇A5判
◇グラシン包装
◇630円


◆乙女とギタリスト
◇散文
◇グラシン袋入り
◇A5判
◇520円


◆人形院(最終出品)
◇短編小説
◇文庫判
◇520円


◆悪魔の花束(最終出品)
◇連作短編集
◇文庫判
◇水玉チュールレース×ベルベットリボン仕様
◇660円


*「寄宿舎の秘密」「十三月がやってくる」は手元の在庫がなくなりました。ありがとうございました。
立ち読みだけでもできるよう、サンプルを展示いたします。


◆第十四回文学フリマ
◇2012年5月6日(日)11:00〜16:00
◇東京流通センター
◇1階・E-12・mille-feuille(ミルフィーユ)
スペース
みんなの文学フリマ情報wiki

皆様にお会いできますこと、楽しみにしております♪
どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 5/7まで【MOUNT ZINE × 代官山蔦屋書店】行ってきました! | トップページ | 5/6(日)【文学フリマ】出品物2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/7まで【MOUNT ZINE × 代官山蔦屋書店】行ってきました! | トップページ | 5/6(日)【文学フリマ】出品物2 »