« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012.05.24

【Lykkelig】ウェブショップにポストカード3種類up!

【Lykkelig】ウェブショップにポストカード3種類up!

この間、ウェブショップの掲載を、しつこくも気長に待っていると、こっそりここでお話ししたポストカード3種類、リュケリさんがupしてくださいました!
ヤッターーー。

個人的に特に気に入っている人体のポストカードは、蛍光ピンクが画面上だと見えにくいのですが、上の画像のピンクに近い感じです。
ふちも手作業で銀に塗ってます!
本と併せてどうぞよろしくお願いいたします。

【Web Shop】
手紙用品

お近くの方は是非お出掛けください♪

【実店舗】
Lykkelig
石川県金沢市小立野1-6-22メゾンノア1F
『金沢』駅 西口 4番・5番のりば 東部車庫行き・湯涌温泉行き、
錦町バス停下車 徒歩3分
11:00〜20:00 水曜定休

| | コメント (0)

2012.05.22

【タコシェ】「灰狼」入荷!

【Lykkelig】新刊「灰狼」入荷!

【Lykkelig】新刊「灰狼」入荷!

【Lykkelig】新刊「灰狼」入荷!


タコシェさんに、新作短編小説「灰狼」が入荷しました!


◆灰狼(はいおおかみ)

夜ごと、美女ばかりが集うホテル・バートラムの最上階。
或る夜、夜会の女王・灰狼のもとを、遊び馴れした女たちと毛色の違う少女が訪れる。
もうひとりの女王・狩人の思惑とは…。
殿方禁制の世界で、刺激的できらびやかなドレスの衣擦れをご堪能あれ!

お祈り

◇短編小説
◇48頁
◇文庫判
◇封入特典:お祈りカード
◇500円+税


よろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2012.05.13

【MOUNT ZINE SHOP】行ってきました!

【MOUNT ZINE SHOP 】行ってきました!

(Q.わたしの本はどれでしょう?)


5/5にOPENしたばかりのMOUNT ZINE SHOPに行ってきました!
(5/8〜お取り扱いってご案内しちゃったけど、よく考えたら火曜日はお休みだ…5/10〜ですね!失礼しました!
たぶん訪れた方はまだいらっしゃらないと思うのですが、スミマセン。)


お店構えはこんな感じ。

店構え

築50年の民家をスタッフさんたちが自らの手でリノベーションされたそうです。
シブくて素敵!!


入り口に立つとこんな。

入口1

入口2

行ってみて知ったのですが、ここは、MOUNT ZINE SHOPのほか、Hortaという古道具屋さん、はらぺこめがねという絵描きさんたちと共同の890というお店なのだそうです。

古道具

飾ってあるだけのようですが、よく見るとちいさな値札がありました。
お店の右側が古道具屋さんです。


で、左側が我らがMOUNT ZINE SHOPです。

Z1

土壁に白いペンキを塗って、棚の設営もご自分たちで。

Z2

古そうな味わいのある木のベンチにもZINEたちが。

ベンチ


展示の仕方が美しくて、ギャラリーのようです。
ただ、表示などはわざとないのでしょう、きれいすぎて何のお店なのか、売り物なのか飾ってあるだけなのか、道行く人に分かってもらえるのか、
興味を持って立ち止まって、中に入って、手に取って、選んでもらえるのかどうか、
出品者の立場としては非常に気になるところ…!


ZINEの裏にお値段が書いてあります。
出ているのは見本だけですので、欲しいものを見つけたら、スタッフさんに声をかけてくださいね。


そして、特筆すべきはこの天井!

天井

見て、このカッコいい梁を!!
これもご自分たちで天井を剥がして、このようにしたのだそうですよ。
すごい…!としか言いようがなかったです。
ライティングもクールでしょ。

こちらでお取り扱いいただくのは、半年間です。
イベントに引き続き、短編小説「清らかな毒草」です。

◆「清らかな毒草」
◇雨の似合う灰色の博物館に、長年住み込みで働いている「私」。
標本師である弟は、博物館のドーム部屋から古びたタイプライターを追いやり、骨格標本を陳列し始める。
弟がやってきた時から崩れ出す、「私」と博物館の均衡。
静謐で烈しい短編小説。

◇A5判
◇40頁
◇グラシン包装
◇600円(税がどうなっているのか聞き忘れました、スミマセン)

MOUNT ZINE SHOP
東京都目黒区八雲2-5-10
東急東横線『都立大学』駅より徒歩6分
OPEN 木・金・土・日・祝 12:00-19:00

地図

●道案内
1.東横線「都立大学」改札はひとつ、出たら左へ、交番のある道を進みます。
2.横断歩道を渡り、左折するとモスバーガーが見えてきます。
3.モスバーガーの手前から右方向に緑の遊歩道がありますので、その道をうねうねと進みます。
4.遊歩道は右側に注目して歩くのがポイント。清田歯科医院の角を右折です。
5.つきあたりのやや左にZINEが飾られているお店が見えてきます!
5分では着かないけど10分はかからない感じです。

MOUNT ZINE SHOPはweb shop はありません。
近隣の方は是非お出掛けくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします!
あ、890は5/12発売のオズマガジン自由が丘・東横線大特集に掲載されています〜。

(A.いちばん下の、いちばん右でした!)

A


+++++++++++++++++

こちらもヨロシク♪

・新作短編小説「灰狼」、Lykkelig web shop で発売中!

【a small shop】移転・独立のお知らせ

| | コメント (0)

2012.05.12

【a small shop】移転・独立のお知らせ

お取り扱いいただいている、a[スモールエー] さんのa small shopは西荻窪・CABANONさんのshop in shopなのですが、
13日で終了し、6月上旬に移転・独立OPENされるそうです。
短い間でしたが、赤い扉の半地下の、素敵なCABANONさんに並べていただき、うれしかったです。
a small shop at CABANONでの様子はこちらでご紹介していただいております。
足を運んでくださった皆様、手に取ってくださった方々、どうもありがとうございました!
移転・独立に伴い、mille-feuille作品も13日でお取り扱いが終わりますが、6月上旬、新しいa small shopの方にお目見えします。
わたしの作品が移ってもCABANONさんは続きますが、
13日は18:00までだそうですので、お近くの方は、是非お立ち寄りくださいね。
移転先は、CABANONさんのある通り、ご近所なのだそうです…!


移転準備の中、aさんと土屋さやかさんの二人展が京都のmariluさんで、5/19より開かれます!
mariluさんは大好きなお店で、2回ほど訪れ、web shopも何度か利用したことのあるお店で、
京都に行く時は必ず立ち寄りたい場処。
aさんのレース編み作品を知ったのもmariluさんのweb shopがきっかけ、
a small shopにわたしの作品を置いていただくことになったのは、aさんのワークショップに出掛けたのがきっかけ…!
ワークショップの日にしていた、mariluさんで求めたヘアクリップは、aさんの前にCABANONさんでshop in shopをされていたveritecoさんのもの…!
と、繋がりは尽きません。
お近くの方は、展覧会に合わせて是非お出掛けくださいね♪
展覧会は30日迄!


+++++++++++++++++

こちらもヨロシク♪

・新作短編小説「灰狼」、Lykkelig web shop で発売中!

【a small shop】移転・独立のお知らせ

| | コメント (0)

2012.05.10

【Lykkelig】新刊「灰狼」入荷!web shopにも登場!

【Lykkelig】新刊「灰狼」入荷!

【Lykkelig】新刊「灰狼」入荷!

【Lykkelig】新刊「灰狼」入荷!


金沢のLykkelig(リュケリ)さんに、新作短編小説「灰狼」が入荷しました!


◆灰狼(はいおおかみ)

夜ごと、美女ばかりが集うホテル・バートラムの最上階。
或る夜、夜会の女王・灰狼のもとを、遊び馴れした女たちと毛色の違う少女が訪れる。
もうひとりの女王・狩人の思惑とは…。
殿方禁制の世界で、刺激的できらびやかなドレスの衣擦れをご堪能あれ!

お祈り

◇短編小説
◇48頁
◇文庫判
◇封入特典:お祈りカード
◇500円+税


Lykkeligさんには、本のほかに手紙用品もお取り扱いいただいております。
Web Shop もありますので、ご利用くださいね。
「灰狼」も近々Web Shop にupされると思います。(←入荷当日に、upしてくださいました!!!!!)
人体、時計の針、図書カードのポストカードはupされていないのですが
(全部の商品をWeb Shopに載せるのはなかなか難しいのだと思います。でも、わたしはしつこくも気長に待ってます)、
在庫はまだあると思うので、気になる方は是非お問い合わせしてみてくださいね。
特に人体のポストカードはほかのお店に置いていないので貴重です。
ちなみにこれが人体(150円+税)。

新作【ポストカード】人体

そして時計の針(200円+税)。

図書カード(150円+税)。

【ポストカード】図書カード新色

わたしの手元ではすでに品切となっている「寄宿舎の秘密」もリュケリさんでお買い求めいただけます。
ただし、残り1冊となりました…!(2012.5.10現在)

本はこちらから、
手紙用品はこちらから、どうぞ!

よろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2012.05.07

【 MOUNT ZINE SHOP 】5/8〜お取り扱い開始!

表紙

MOUNT ZINE 3、MOUNT ZINE × 代官山蔦屋書店では、どうもありがとうございました!


世田谷ものづくり学校で行われたMOUNT ZINE 3を見に行ってみて、
ビジュアル系(イラストや写真など、一目見て、興味を覚えるかどうか判断できるという意味)の正しいZINEがひしめく中、
活字ばかりの本はやはり難しかったかーと思ったのですが、
主催のFFLLAATTさんから売上数メールがきてみたら、僅かながら売れていたことがわかりました。
ゼロであることを覚悟していたので、とてもうれしく、有り難い思いです。
お買い求めくださった方々、どうもありがとうございました!
蔦屋書店の方では、果たしてどうだったのかわからないのですが、訪れて手に取ってくださった方々にも、感謝を!
小説で参加したことにちょっとは意味があったかな、と思うことができました。


蔦屋書店では、出品されるZINEが変わりながら、MOUNT ZINEフェアが第2部、第3部と5/31まで続いていくのですが、
わたしの作品が出品されていた第1部は7日で終了し、5/5にOPENしたばかりのMOUNT ZINE SHOPに、5/8〜、いよいよ並ぶことになります。
お取り扱いいただくのは、引き続き、短編小説「清らかな毒草」です。

◆「清らかな毒草」
◇雨の似合う灰色の博物館に、長年住み込みで働いている「私」。
標本師である弟は、博物館のドーム部屋から古びたタイプライターを追いやり、骨格標本を陳列し始める。
弟がやってきた時から崩れ出す、「私」と博物館の均衡。
静謐で烈しい短編小説。

◇A5判
◇40頁
◇グラシン包装
◇630円

MOUNT ZINE SHOP
東京都目黒区八雲2-5-10
東急東横線『都立大学』駅より徒歩6分
OPEN 木・金・土・日・祝 12:00-19:00

地図

お取り扱い期間は半年間です。
是非お立ち寄りくださいね。
わたしも近々、行ってみたいと思っております。
よろしくお願いいたします!


新刊「灰狼」は、MOUNT ZINE SHOP でのお取り扱いはありませんが、まもなくほかのお店に並ぶことになっています。
ただいま準備中!
またお知らせいたしますね。

どの本も(手紙用品なども)、メールフォームより、送料80円で直接通販も受け付けておりますので、よろしければご利用ください。
お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ!

| | コメント (0)

【MOUNT ZINE × 代官山蔦屋書店】本日5/7まで!

【MOUNT ZINE × 代官山蔦屋書店】本日5/7まで!


昨日の文学フリマでは、どうもありがとうございました(文学フリマについてはひとつ前の記事をご覧ください)!


さて、代官山蔦屋書店でのZINEフェアが本日5/7までとなっております!
こちらでは、短編小説「清らかな毒草」を出品しています。


(店内は撮影禁止です。出品者ということで許可を頂きました。)
ZINE

代官山駅より徒歩7分くらいの場所にある白いTの文字が連なるピカピカの3つの建物が、蔦屋書店。
ZINEフェアは、真ん中の2号館1F美術書籍コーナーで開かれています。
しつこいようですが、2階のラウンジが素敵すぎです。
本好きなら何時間でもいられるでしょう。

表紙

◆「清らかな毒草」
◇雨の似合う灰色の博物館に、長年住み込みで働いている「私」。
標本師である弟は、博物館のドーム部屋から古びたタイプライターを追いやり、骨格標本を陳列し始める。
弟がやってきた時から崩れ出す、「私」と博物館の均衡。
静謐で烈しい短編小説。

◇A5判
◇40頁
◇グラシン包装
◇630円


●MOUNT ZINE at 代官山蔦屋書店
2号館1F 美術書籍コーナー
朝7:00〜深夜2:00

お近くまでお出掛けの際は、是非お立ち寄りください。
よろしくお願いいたします!

(明日もブログ更新予定、また来てくださいね♪)

| | コメント (0)

2012.05.06

【第十四回 文学フリマ】ありがとうございました!

【文学フリマ】ありがとうございました!
文学フリマ、無事に終了いたしました!
お買い上げくださった皆様、手に取ってくださった方々、ご興味をお持ちいただきまして、どうもありがとうございました。

全体

両隣もよい方たちに恵まれ、とても楽しかったです。
右隣の英国ゴシック文庫さんは、タコシェさんでわたしの本をお買い求めくださったことがあるそうで、ビックリ嬉しかったです
(それにしても「アナコンダ」すごい売れ行きでしたね〜)。
左隣のなるなる文庫さんとは、笑ってばかりいました。
どこからともなくネジがこぼれ落ちた謎のネジ事件を解決していただきました(結局イスのネジでしたがとてもわかりにくくて、わたしから取れたんじゃないかという疑惑が濃厚でした)。

灰狼

英国ゴシック文庫さんと、いつもより人が少ないんじゃないか、ここの通りだけ人通りが悪いんじゃないか、隣の庭の芝は青いんじゃないかとお話していたのですが、
終わってみれば、おかげさまで、最高とはいかずともまあまあな成績です。
新刊は、いつも通りの出でしたし、最終出品の初期二作も持っていった分は売り切れ、
丁寧に作ったという意味ではいちばん読んでいただきたい「清らかな毒草」も人気がありましたし、「乙女とギタリスト」もそれなりに。
毎回、おふたかたくらい、一種類ずつ全部くださいという方が現れてくれるのも、うれしいです。
いつも最初に買いにきてくださるIさん、最初の1冊目が出るとホッとできるので、助かっています。
かなり初期から追いかけてきてくださっているKさん、いつもありがとうございます。
ネバアランドのお洋服に身を包んだ可愛い四人組の皆さん、
「寄宿舎の秘密」がとても面白かった、と新刊「灰狼」を買ってくださった女の子複数、
かすれた字がイイと細かいところまでご注目いただいた方、
活版活字に興味津々、「灰狼」と活版活字をセットで買われていった皆様、
今回極端に少なかった殿方のお客様(確かおふたかた)、
皆様、どうもありがとうございました!

初期

そして、やってしまいました、「灰狼」と活版活字「文学」をお買い上げくださった、文学フリマにはじめていらしたと、見本誌コーナーで「灰狼」を見ていらしたという、女の子のお客様、
お皿にお釣りの50円が置かれたままでしたよ…!
ちゃんと手渡しするべきでした。大変失礼しました。
またお会いする機会があれば、いつでもお返ししたいと思っております!


今回、品切となっている「十三月がやってくる」と「寄宿舎の秘密」を見本だけ置いたのですが、特に「寄宿舎の秘密」が気になるという方がいらして、
リュケリさんのウェブショップに2冊残ってますよ、と5人くらいの方にご案内しました。
こちらです。
お早めにどうぞよろしくお願いいたします。


コメント欄、お問い合わせフォーム、Twitter、「灰狼」記載のメールなどから、
本のご感想などお気軽にお寄せくださいね。
今後の参考にいたします。


今回、文学フリマには行かれなかったけど、新刊にちょっと興味があるなあ…という方には、ショップでの委託販売も準備中、整い次第またご案内します。
もちろんお問い合わせフォームから直接申し込みも受け付けております。


それでは、今日はありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
またお会いできる日を楽しみにしております!


http://d.hatena.ne.jp/jugoya/touch/20120506

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.05.03

5/6(日)【文学フリマ】出品物2

5/6(日)【文学フリマ】出品物2
文学フリマに出品する本以外のもののご紹介です。


ちいさな活版活字で、新刊「灰狼」に出てくる言葉を組んで、その言葉のイメージの色の紙とインクを使って捺し、金の刺繍糸で留めました。
(糸と紙は取り外せません。)
画像の両端「CORSET」「KURUOSHII」のふたつは、よりちいさな文字になっています。
「BUNGAKU」だけ、新刊に出てくる言葉ではありません。

タテ

机や本棚回りに飾ってあげてください。

I

【活版活字オブジェ】

いちばん上の画像、右より(紙の色×インクの色)

◆CORSET
(コルセット)りんどう×オペラピンク

◆BUNGAKU
(文学)白茶×ビリジャン

◆TUMIBUKAI
(罪深い)黒×ゴールド

◆RIBBON
(リボン)空×シアン

◆WOTOME
(乙女)コスモス×シナモン

◆TAYUTAU
(たゆたう)銀鼠×マウンテンレイク

◆KURUOSHII
(狂おしい)赤×ブラック

◇活版のサイズ…0.9cm×2.4cm〜1.5cm×2.4cm
◇活字のサイズ…0.1cm×0.1cm〜0.12cm×0.12cm
◇紙のサイズ…0.4cm×2.1cm
*サイズは大体です。
◇各450円


◆第十四回文学フリマ
◇2012年5月6日(日)11:00〜16:00
◇東京流通センター
◇1階・E-12・mille-feuille(ミルフィーユ)

スペース

みんなの文学フリマ情報wiki


よろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2012.05.02

5/6(日)【文学フリマ・1階/E-12】出品物

5/6(日)【文学フリマ】出品物
来る5/6(日)、第十四回文学フリマに参加します!
場所は東京流通センター。
mille-feuilleは1階のE-12。
入り口から右の方です。


短編小説「灰狼」を発売するほか、
これまでの本で在庫が手元にあるものを出品します。
今回は本で勝負、ポストカードなど手紙用品の出品はありませんが、
文学オブジェ的なちいさいものを製作中です。
昨日Twitterに画像を載せてみました。
後日、こちらでもご紹介したいと思います。


2階の見本誌コーナーで新刊を自由にご覧いただけます。
サークル名とスペースNo. を書いた付箋を付けましたので、剥がして付箋をお持ちくださいね。
付箋

チラシ置き場には、新刊案内、今年の活動、取り扱いショップなどを記載したチラシを置きます。
ご自由にお持ちください。


【参加サークルの皆様へ】
単独参加なので、ほかのサークルさんを見て回ることができません。
興味をお持ちいただいた方には自分で応対したいなと思っているので交代もせず、休み時間も取りません。
今回は準備も一人でする予定ですので、始まる前にもご挨拶に行けないかもしれません…スミマセン。

【皆様へ】
毎度のことですが、顔を覚えるのが苦手なので、以前お会いしたことのある方は、どうか最初にお名前を仰ってくださいね。
よろしくお願いします!


【出品物】

◆灰狼(はいおおかみ)

お祈り
夜ごと、美女ばかりが集うホテル・バートラムの最上階。
或る夜、夜会の女王・灰狼のもとを、遊び馴れした女たちと毛色の違う少女が訪れる。
もうひとりの女王・狩人の思惑とは…。
殿方禁制の世界で、刺激的できらびやかなドレスの衣擦れをご堪能ください。

◇短編小説
◇48頁
◇文庫判
◇封入特典:お祈りカード
◇500円


↓下記の本の画像はこちらを参考にしてください。

◆清らかな毒草

雨の似合う灰色の博物館に、長年住み込みで働いている「私」。
標本師である弟は、博物館のドーム部屋から古びたタイプライターを追いやり、骨格標本を陳列し始める。
弟がやってきた時から崩れ出す、「私」と博物館の均衡。
静謐で烈しい短編小説。

◇短編小説
◇40頁
◇A5判
◇グラシン包装
◇630円


◆乙女とギタリスト
◇散文
◇グラシン袋入り
◇A5判
◇520円


◆人形院(最終出品)
◇短編小説
◇文庫判
◇520円


◆悪魔の花束(最終出品)
◇連作短編集
◇文庫判
◇水玉チュールレース×ベルベットリボン仕様
◇660円


*「寄宿舎の秘密」「十三月がやってくる」は手元の在庫がなくなりました。ありがとうございました。
立ち読みだけでもできるよう、サンプルを展示いたします。


◆第十四回文学フリマ
◇2012年5月6日(日)11:00〜16:00
◇東京流通センター
◇1階・E-12・mille-feuille(ミルフィーユ)
スペース
みんなの文学フリマ情報wiki

皆様にお会いできますこと、楽しみにしております♪
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »