« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017.02.11

新ロゴのお知らせ

新ロゴのお知らせ


mille-feuille ロゴを一新しました。


とりあえずというつもりで、自分の名前のイニシァルとカリグラフィーの飾り枠を手彫りした石の刻印を使っていたら、
そのまま何年も経ってしまっていました。


刊行10周年記念という本を出すのに、さすがにこのままではいけないと思い、作成しました。
イラストは、本にも手紙用品にも通じるイメージ。
mille-feuille表記は小文字なのでイニシァルも大文字にするつもりはなかったのですが、
やはりこの字体が好きなので、大文字を採用。
m-f と略さない時はこれまで通りのロゴ(ローマ字部分のみ)を使います。
スペースがない場合に使うための飾り枠なしver.もあります(Twitterのアイコン等)。
ほぼ同じですがイニシァルのサイズ、配置が微妙に違います。


ポストカードの宛名面にはこれまで通り、略さないローマ字ロゴのみを入れるつもりですし、
そこまで使わないかもしれませんが、目印として覚えておいてくださると嬉しいです。


++++++++++++++++++++


本・手紙用品を多数お取り扱いいただいている西荻のa small shopさんfacebook2月カバーとして、
トップが私の本・ポストカードとBean'sCookieLaboさんのクッキー画像になっています。
嬉しいです!
いろいろな作家さんの作品の集うお店です、FBだけでなく、是非お出掛けくださいね。
私も久々に、そろそろ訪れたいです…!

|

2017.02.01

5月発売予定【カルミラ族の末裔】

20170130_164552

今年は、書いたものを印刷所で本という形にし始めてから10年という節目の年に当たります。
刊行10周年記念と銘打ち、新作長編小説「カルミラ族の末裔」を刊行予定です。
5/7(日)に直接参加いたします文学フリマ東京にて発売できるよう、ただいま鋭意制作中です。


◆カルミラ族の末裔

◇物語
19世紀末、屋根裏で見つけた白い書を持ってベリイ女学校に入学したペネロピー・ザヴィアーは、
夏至の夜、時計塔に隠れ住むリデルに出逢う。
リデルは、対のような赤い書を持ち、不思議な仲間と暮らしていた。
交流を持つうち、共感を深めるふたりだったが、リデルには不可解な点がいくつもあった。
ペネロピーによって書き進められる白の手記と、リデルによる赤の手記が織り成すゴシック・ロマンス。

◇B6判
◇単色カラー
◇二段組
◇168頁
◇予価1,000円
◇2017年5月7日発売予定

楽しみにお待ちいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

+++++++++++++++++++++++

只今、ブログからの通信販売を休止しております。
「寄宿舎の秘密」「闇夜色の書」のみ、恵文社一乗寺店オンラインショップをご利用いただけます。→

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »