活動

2017.06.11

岩手御礼&今後の予定

岩手御礼&今後の予定


おはなしの喫茶室さんブースに委託という形で参加させていただいた文学フリマ岩手が無事に終了いたしました。
皆様、どうもありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


おかげ様で「カルミラ族の末裔」は人気があったようです。
貴重なスペースをお借りしているだけでもありがたいのに、頑張って売ってくださったのだと思います。
うれしいのはもちろんですが、正直ホッとしました。
おはなしの喫茶室さんをはじめ、お求めくださった皆様、お運びくださった皆様、スタッフの皆様に御礼申し上げます。


「カルミラ族の末裔」は、比較的長い読み物で読むのが大変かと思いますが、ご感想/ご質問等お待ちしております。
よろしくお願いいたします。→
終章が2017年ですので、是非今年お読みいただきたいです。


体調不良のためWEB SHOPを一時休止しておりましたが、本日より再開いたしました。
不安定なため、予告なくcloseになることが今後もあるかと思います。
再開の際はTwitter@itoyumilleでお知らせいたします。
ご不便をお掛けいたしますが、openしている時を見計らってお求めいただけると
励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


6/9に5周年を迎えられたばかりの西荻窪a small shopさんFacebook 5/26の記事で、
「カルミラ族の末裔」のご感想を掲載してくださっています。
何か褒められ過ぎな気もしますが、、、。
ご覧いただければうれしいです。→
新しい試みとして、当面は火水がお休みになるそうです。
営業日が増えますので、お出掛けくださいね(試験的にということですので、FB等チェックしてお気をつけください)。


下半期の予定。
11/3〜5にzine展 in Beppu 4 に委託参加いたします。
まだ先ですが、今から準備をしており、サイトでは「一押しの一冊」のPR文を載せていただいております。
「カルミラ族の末裔」についてで、紹介文としてはもちろん、もうひとつのあとがきとしてもお読みいただけます。
是非ご一読ください。
コチラ→


11/23文学フリマ東京の参加につきましては、只今検討中、9月にはお知らせできると思います。


また、今後の小説の発表につきましては、「カルミラ族の末裔」のあとがきに書いた通りです。


ブログ更新できない期間が長くなるかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

|

2017.05.16

6/11(日)【文学フリマ岩手】委託参加のお知らせ

6/11(日)【文学フリマ岩手】委託参加のお知らせ


いつもありがとうございます。
おかげさまでWeb Shopにも少しずつ注文が入っています。


来たる6/11(日)、おはなしの喫茶室さんが参加される文学フリマ岩手のご自身のスペースにて、私の本を委託販売していただけることになりました!


文フリ東京では隣接したおはなしの喫茶室さん、刊行10周年記念新作長編小説「カルミラ族の末裔」の解説を書いていただいており、
「カルミラ〜」と「新装版/寄宿舎の秘密」を販売予定です。
また、無料配布のペーパーを只今準備中です。


私自身は会場に居りませんが、是非お運びいただき、
おはなしの喫茶室さんのご本を手に取るついでで構いませんので、ご覧いただければと思います。


【文学フリマご参加の際の注意点】
・できるだけ小銭/千円札のご用意をお願いいたします。
・混雑時は2列でお並びになり、左右のサークル様のスペースにはみ出さぬようお願いいたします。
・エコバッグのご持参を推奨いたします。


◆第二回 文学フリマ岩手
◇2017年6月11日(日)11:00〜16:00予定
◇ 岩手県産業会館(サンビル)7F大ホール
(東北本線 盛岡駅より 徒歩 約15分
バス 約7分(駅前バスのりば16番より盛岡都心循環バス
『でんでんむし』左回り乗車「盛岡城跡公園」下車すぐ)
◇入場無料
◇参加名…おはなしの喫茶室
◇ブースNo.ア-9


【出品】
◆新作「カルミラ族の末裔

表裏

◇物語
19世紀末、屋根裏で見つけた白い書を持ってベリイ女学校に入学したペネロピー・ザヴィアーは、
夏至の夜、時計塔に隠れ住むリデルに出逢う。
リデルは、対のような赤い書を持ち、不思議な仲間と暮らしていた。
交流を持つうち、共感を深めるふたりだったが、リデルには不可解な点がいくつもあった。
ペネロピーによって書き進められる白の手記と、リデルによる赤の手記が織り成すゴシック・ロマンス。

◇B6判
◇単色カラー
◇二段組
◇168頁(113,493字)
◇2017年5月7日発行
◇1,200円


◆新装版/寄宿舎の秘密

◇物語
森に隔離された「寄宿舎」にやってきたひとりの少女。
同室の乙女が教えてくれたのは、
完全なる美と清らかさ、誇りとやさしさ、慈しみと気高さ、
そして邪まなものへのほのかな憧れ...。
いちばん罪深い秘密を手に入れて、真の王女となれたのは?ー「寄宿舎の秘密」

かつて「寄宿舎」と呼ばれた隔離病棟が、本物の寄宿女学校に。
少年のような髪をしたミカとシスター・ジェラルディンが受け継ぐ、選ばれし者に託された秘密とは?ー「刺繍とリボン」

◇もくじ
◆第一部 森の寄宿舎へ
◇同室の乙女
◇はじめての贈り物
◇噂と秘密
◇胸の棘
◆第二部 王女の鍵
◇書物の部屋
◇吟遊詩人との再会
◇新しい王女
◆刺繍とリボン
◆あとがき

◇B6版
◇二段組
◇72頁
◇2015年10月18日発行
◇800円


※岩手会場では、mille-feuille × fleurire fleur コラボレーション 本+菫の砂糖づけ片耳イヤリング 「カルミラ族の末裔セット」の販売はございません。
引き続き、コチラのWeb Shopをご利用ください。
あか紫は残り一点となりました。fleurire fleur様のネットショップ/メールオーダーでの販売はございませんので、どうぞお早めに...!


どうぞよろしくお願いいたします。

|

2017.05.07

御礼【文学フリマ】終了しました&通販につきまして

御礼【文学フリマ】終了しました&通販につきまして

本日、文学フリマ東京に参加し、無事終了いたしました。
お運びくださった皆様、お買い上げくださった皆様、関わってくださった皆様、
本当にどうもありがとうございました。


結論から言いますと、今日は忙しかったです。
これまででいちばん暇がなかったです。
場所が良かったのと、お隣のおはなしの喫茶室さんとのフェアが功を奏したのだと思います。


開場まもなくお越しくださった方々のおかげで、初めて「1冊目が出るまで不安」という時間がありませんでした。


カルミラセットは、やはり注目されました。
売れ数こそ、そこそこでしたが、お着物の方(気づかなかったけれど和服にも合いますね!)や
お名前が「すみれ」さんだと言う方、菫色のワンピースをお召しの方、
ほかにも「菫の砂糖づけ」にピンと来る方々が求めくださり、とても嬉しかったです。
お求めいただくところまではいかなくとも、「本のイメージアクセサリーというのが面白い」「本物の砂糖なの?」「食べられるの?」等、興味を持っていただきました。


制作者のフルーリール フルールさんも様子を見にいらしてくださり、とても嬉しかったです。


また、アンケートをお書きくださった皆様、ときどき取り出して励みにしたいと思っています。
ご協力ありがとうございました!


尚、残り3冊だった「オデットとオディール」は完売しました。
私の手元にはもうありません。
どうもありがとうございました。


反省点。
もっと持っていけば良かった…!
過去のデータから持っていく物と数を決めたのですが、いつもたんまり余るもので、だいぶ少なめにしたのです
(なので忙しかったけれども売れ数はいつもと同じくらい)。
そうしましたら、3:00にはカルミラセット以外は出てしまい、単品をご希望の方や、旧作をご希望の方には申し訳ないことをしてしまいました。


反省点2。
出店参加者が増えたので、これまでと同じ時間に着いていては設営が間に合わない…10:03に着いて、入場できたのが10:20過ぎ、チラシと見本誌を置いて、机から椅子を下ろして荷物を取りに行ってくるともう10:30でした。
おはなしの喫茶室さんとも「おはよう!」の後お互いに大急ぎで黙々と設営し、改めてご挨拶できたのが12:00頃。
頑張ってもっと早起きして余裕を持ちたいと思いました。


さて、今日の文学フリマで「カルミラ族の末裔」を発売するということを第一の目標にして邁進してまいりましたが、
ここからがリ・スタート!
たくさんの方にお届けできたら嬉しく思います。


と、言う訳で、
通信販売ご希望の皆様、お待たせいたしました。
5/12(金)21:30頃〜Web Shopがnewオープンいたします!


今回からminneを利用いたします。
遅くともオープン前日には通販サイト上でお品をご覧いただけるようにして、
じっくりお選びいただきたいと考えております。
是非、チェックしていただければと思います。
(ブログでのご注文は承れなくなりましたので、ご注意くださいませ。)

Web Shop→


尚、ご利用には会員登録が必要となりますので、ご準備の上お待ちいただければ幸いです。
今日、文学フリマでお買い求めいただけなかった方も、是非こちらからお願いいたします。


委託ショップさんの方にもお取り扱いいただきたいと思っています。
また、来月にはイベントに委託で参加の予定です。
追い追いこちらとTwitter(@itoyumille)でお知らせしてまいります。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


おまけ

指環

今日、誰にも気づいてもらえなかったと指環が泣いています。

|

2017.04.30

最新版【5/7(日)文学フリマ】参加のお知らせ

5/7(日)【文学フリマ】参加のお知らせ

(Radiostar様の 密造月光(銀) を使って撮影!
物語の中では菫と同じくらい月も重要です。)


いよいよ5/7(日)の文学フリマまで1週間!
刊行10周年記念新作長編小説「カルミラ族の末裔」を発売いたします。

表裏

解説は隣接出店するおはなしの喫茶室かくらこう様にお願いしました。
うつくしく引力のある解説を是非チェックしてください。


mille-feuille & おはなしの喫茶室の両方でお買い求めいただいた方には、栞と絵葉書のプレゼントがございます。

絵葉書


また、fleurire fleur[フルーリール フルール]マリヨ様にご制作いただいた「カルミラ族の末裔」イメージアクセサリー、菫の砂糖づけ片耳イヤリングと本の限定セットも同時発売です。

セット

イヤリングの興味深い制作秘話はコチラからお読みいただけます。
画像も必見!
今回のコラボレーションイヤリングは限定20点。
fleurire fleur様のネットショップ/メールオーダーでの販売はございませんので、どうぞお早めに...!


皆さまにお会いできますこと、楽しみにしております。


【文学フリマご参加の際の注意点】
・できるだけ小銭/千円札のご用意をお願いいたします。
お釣り銭を用意してまいりますが、開場してすぐに高額紙幣をご使用されますと、お釣りが足りなくなる場合があります。
・ショッピングバッグをお付けできるのは「カルミラ族の末裔セット」のみです。エコバッグのご用意をお勧めいたします。
・混雑時は2列でお並びになり、左右のサークル様のスペースにはみ出さぬようお願いいたします。
私のブースは、あまり混雑することはありませんが、それが文学フリマの決まりになっておりますので、ご協力お願いいたします。
・お顔を覚えるのが得意ではありません。以前お会いしたことのある方は、最初に名乗っていただけると嬉しいです。
Twitter等でしかお話ししたことのない方も最初にアカウント名を言ってくださると楽しくお話しできるかと思いますので、是非お願いいたします。


◆第二十四回 文学フリマ東京
◇2017年5月7日(日)11:00〜17:00
◇東京流通センター 第二展示場(1階&2階)
(東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分)
◇入場無料
◇参加名…mille-feuille(ミルフィーユ)
◇ブースNo.エ-17(2階)


【出品】
◆新作「カルミラ族の末裔

◇物語
19世紀末、屋根裏で見つけた白い書を持ってベリイ女学校に入学したペネロピー・ザヴィアーは、
夏至の夜、時計塔に隠れ住むリデルに出逢う。
リデルは、対のような赤い書を持ち、不思議な仲間と暮らしていた。
交流を持つうち、共感を深めるふたりだったが、リデルには不可解な点がいくつもあった。
ペネロピーによって書き進められる白の手記と、リデルによる赤の手記が織り成すゴシック・ロマンス。

◇B6判
◇単色カラー
◇二段組
◇168頁(113,493字)
◇1,200円


◆mille-feuille × fleurire fleur コラボレーション
「カルミラ族の末裔」セット
本+「菫の砂糖づけ」片耳イヤリング

◇色...うす紫 or あか紫
◇サイズ...全長 6.0cm、花 約3.0×3.0×2.3cm
◇2,700円
※片耳だけに付ける仕様のイヤリングになります。
※イヤリングのみの販売はございません。
※通販の有無につきましては、文学フリマ後にお知らせいたします。

ご本には、物語に登場する「菫を咥えた鴉」の封蝋をかたどったラベルで封をしています。

封

単品のご本には黒、セットのご本には赤のラベルをご用意しております。
すべてナンバー入りです。


◆新装版/寄宿舎の秘密...800円
◆闇夜色の書...700円
◆オデットとオディール...1,000円

◇文学フリマWebカタログ→


1階&2階チラシ置き場、2階の自ブースに置くフリーペーパーです。
ご自由にお持ちくださいね。

チラシ

|

2017.04.07

5/7(日)【文学フリマ東京】ブース&フェア

5/7(日)【文学フリマ東京】ブース&フェア


来たる5/7(日)文学フリマ東京にて新作長編小説「カルミラ族の末裔」を発売いたします。
本日はブースNo. とフェアのご案内です (&文字数もこっそり) 。


「カルミラ族の末裔」は昨年10月に書き終えてから半年近くかけて推敲・校正を重ね、ようやく先日、無事入稿! ただいま印刷中です。
イメージ通りに仕上がるといいのですが…!
完成は4月下旬予定。
お披露目まで、楽しみにお待ちいただければ幸いです。


◆第二十四回 文学フリマ東京
◇2017年5月7日(日)11:00〜17:00
◇東京流通センター 第二展示場(1階&2階)
(東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分)
◇入場無料
◇参加名…mille-feuille(ミルフィーユ)
◇ブースNo.エ-17(2階)

◆フェア
「カルミラ族の末裔」の解説を書いてくださったおはなしの喫茶室さん(ブースNo.エ-18)と隣接して参加いたします。
「mille-feuille」と「おはなしの喫茶室」の両方でお買い物をしてくださった方に、栞とポストカードを1枚ずつプレゼントいたします(数に限りがあります)。
栞は「mille-feuille」と「おはなしの喫茶室」それぞれの物語から抜粋した一文を両面に印刷したもの(全4種類)。
ポストカードは、私が長年蒐集してきた美術館の企画展/常設展の絵葉書です。
おみくじ方式の予定です。


チラシ置き場にご用意するペーパーが引換券になっていますので、是非お持ちください(ブースにもございます)。
栞・ペーパーともおはなしの喫茶室さん制作です。



◆カルミラ族の末裔

◇物語
19世紀末、屋根裏で見つけた白い書を持ってベリイ女学校に入学したペネロピー・ザヴィアーは、
夏至の夜、時計塔に隠れ住むリデルに出逢う。
リデルは、対のような赤い書を持ち、不思議な仲間と暮らしていた。
交流を持つうち、共感を深めるふたりだったが、リデルには不可解な点がいくつもあった。
ペネロピーによって書き進められる白の手記と、リデルによる赤の手記が織り成すゴシック・ロマンス。

◇B6判
◇単色カラー
◇二段組
◇168頁(113,493字)
◇1,200円
◇2017年5月7日発売


◆予告!「カルミラ族の末裔」コラボ!本&〇〇〇のセットを数量限定発売!
「カルミラ族の末裔」に重要な意味を持って登場する『ある花』をモティーフにした『あるもの』を、作家さんにお願いして制作していただいております。
何のお花かは、前回の記事のもくじを見れば分かると思いますよ!
4月末には詳細をこちらのBlogでご紹介いたします。
どうぞお楽しみに。

◆ご要望・ご感想などございましたらこちらのメールフォームよりお気軽にどうぞ…!
※24時間以内に返信がない場合は、届いておりません。
お手数ですが、別のメールアドレスで再度お試しくださいませ。

|

2017.02.11

新ロゴのお知らせ

新ロゴのお知らせ


mille-feuille ロゴを一新しました。


とりあえずというつもりで、自分の名前のイニシァルとカリグラフィーの飾り枠を手彫りした石の刻印を使っていたら、
そのまま何年も経ってしまっていました。


刊行10周年記念という本を出すのに、さすがにこのままではいけないと思い、作成しました。
イラストは、本にも手紙用品にも通じるイメージ。
mille-feuille表記は小文字なのでイニシァルも大文字にするつもりはなかったのですが、
やはりこの字体が好きなので、大文字を採用。
m-f と略さない時はこれまで通りのロゴ(ローマ字部分のみ)を使います。
スペースがない場合に使うための飾り枠なしver.もあります(Twitterのアイコン等)。
ほぼ同じですがイニシァルのサイズ、配置が微妙に違います。


ポストカードの宛名面にはこれまで通り、略さないローマ字ロゴのみを入れるつもりですし、
そこまで使わないかもしれませんが、目印として覚えておいてくださると嬉しいです。


++++++++++++++++++++


本・手紙用品を多数お取り扱いいただいている西荻のa small shopさんfacebook2月カバーとして、
トップが私の本・ポストカードとBean'sCookieLaboさんのクッキー画像になっています。
嬉しいです!
いろいろな作家さんの作品の集うお店です、FBだけでなく、是非お出掛けくださいね。
私も久々に、そろそろ訪れたいです…!

|

2016.09.04

御礼【文学フリマ岩手】終了しました

御礼【文学フリマ岩手】終了しました

御礼【文学フリマ岩手】終了しました

御礼【文学フリマ岩手】終了しました

(ライトスノーという日本の薔薇。)


文学フリマ岩手、無事に終了いたしました。
お買い上げくださった方、興味を持ってくださった方、スタッフの皆様、
そして委託を引き受けてくださったおはなしの喫茶室さん、どうもありがとうございました!


先ほども書いたように、13:00頃の時点で売り切れた模様です。
どなたかに託して、その方のブースで売っていただくという形の委託販売は初めてで、
何冊くらいが妥当なのかよくわからなかったのですが、
ちょっと少なかった…?
でもあんまりたくさんだと場所を取るし、持っていっていただくのも大変ですからね。


完売した後も、チラシ配布と同時に見本を読めるように計らってくださって、
欲しそうな方には通販を勧めてくださったみたい。
至れり尽せりで、本当に感謝です。


東北進出は意外と初めてでした!
東北には昔住んでいたことがあるので思い入れが深く、
東北のショップさん何軒かに委託販売をお願いしたこともあるのですが、
全てダメだったんですよね…。
ですので、東北で手に取っていただく機会に恵まれて、とても嬉しかったです。


通販が気になっている方はコチラからお願いいたします!→


また、お読みいただけましたら、是非ご感想をお寄せください。
今後の創作の励みにいたします。→


ではでは、本日は誠にありがとうございました。
またどうぞよろしくお願いいたします!

|

【文学フリマ岩手】完売御礼!

岩手の皆様、台風被害のお見舞い申し上げます。


本日(9/4)、岩手で開かれている文学フリマにて、おはなしの喫茶室さんに委託販売をしていただきました。


「新装版/寄宿舎の秘密」と「闇夜色の書」13:00現在で完売しております。
各3冊ずつの出品でしたが、こんなに早く全て出てしまうとは、おはなしの喫茶室さんのお力を存分に借りしてしまったカンジ。


お買い上げいただいた皆様、ご興味をお持ちいただいた皆様、おはなしの喫茶室さん、どうもありがとうございました。


引き続き、チラシの配布と見本の閲覧を出来るようにしてくださっていますので、
もちろん、おはなしの喫茶室さんのご本を見るためにもイ-11ブースまで、是非お出掛けくださいませ。


どうぞよろしくお願いいたします!

|

2016.06.30

【委託イベント】ありがとうございました

【委託イベント】ありがとうございました

【委託イベント】ありがとうございました

(マイガールというオランダの薔薇。)


先週末zinphonyが終了し、3月から参加していた委託イベントが一段落しました。
関わったくださったすべての方にお礼申し上げます。


都内、小松、金沢、新潟、静岡、北海道、群馬と参加してきました。
どのイベントも1冊も売れなかったということはなかったのですが、全体的に赤字が目立ちました…。
今後も参加できそうなのは、都内のテキストレボリューションと静岡文学マルシェですね。
文学フリマ金沢は去年は割と売れたのですが、今年は厳しかったので、テキレボと静文も2回目はどうなのかな?という心配もありますが…。


それと、また参加したいのはzine展 in Beppuですね。
でもzine展 in Bepp は秋にあるのですが、タイミングが合わなくて参加できません。
今年はあと、9月に岩手のイベントで委託販売させていただく予定があります。


現在は新しいものを書いている最中ですが、今年中に書き上げるのが当面の目標です。
書き上げてから、本にするかどうか見極めようと思っています。
来年で、書いたものを印刷所に出して本という形にし、手に取っていただくようになってから10年になります。
ですので来年は、それを続けていく(いける)かどうかよく考えてみる年になりそうです。


10年の区切りとして何か記念的な本を作りたいとは思っているので、本作りを続けるかどうか決まるのは実質、再来年かな?


もの作り自体はやめられないと思いますが、書いて本にするというのを続けるのには、
読んでくださる方がもうちょっと増えないと厳しいなあと痛感しています。
手紙用品で作りたいものがいろいろあるのですが、書いている間はやはりできませんので、兼ね合いがなかなか難しいです。


しばらくあまり動きがないのでブログ更新も途絶えがちになるかと思いますが、
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!


【通信販売】
プレゼント包装も承ります。

【ご感想/ご意見/ご希望/ご質問ほか】
創作の励みに致しますので是非お聞かせください。

|

2016.06.19

【委託イベント】御礼&今後(※追記あり)

【委託イベント】


本日、静岡文学マルシェと北海道コミティアにお越しの皆様、どうもありがとうございました。
無事に終了いたしました。
もしよろしければ、ご感想をお寄せください。
今後の創作の励みにいたします→


次の週末は上半期最後となる委託イベント参加。
群馬です。
売れ行きのよいイベントにはまた参加できると思います。
(残念ながら、小松の「となりの手づくり本屋さん」と「文学フリマ金沢」は赤字となってしまいました。
その為、次回以降の参加はありません。)
応援、どうぞよろしくお願いいたします!


zinphony
◇2016年6月25日(土)11:00~23:00
◇26日(日)11:00~18:00
◇高崎市SNARK 3F
◇出品
・ 新装版「寄宿舎の秘密」
・「闇夜色の書」
・「オデットとオディール」

※開催時間を追記しました。23:00までってすごいですね!

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お店 | お知らせ | カード | 作品一覧 | 便箋・封筒 | 古紙 | | 活動 | 石の刻印